読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

啓文堂書店のプロフェッショナルな判断

「酒鬼薔薇」手記、一部書店で販売せず 「啓文堂書店」遺族感情に配慮で賛同の声 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

啓文堂書店が‘絶歌’を販売しないことはよい判断やが、売れてる本を扱わないのは営業面では損だ。それに他の店がいってるように、販売されている以上、本屋としてそれを売るのは何ら間違った行為ではないし、あとはお客が判断してくださいと。たしかに筋は通っている。

ちなみに、私は本が大好きである。その立場で本屋さんに期待したいのが、たんに売るだけの目的や売れてるから扱うといった姿勢ではなく、内容まで踏まえて店に並べる本を決めてほしいということ。大仰にいえば、客の本への洞察力を高めてもらいたい。

こういった崇高な理念をもつ本屋なんて、ほとんどないだろう。しかし今回の啓文堂書店の判断基準は内容だ。そもそも売るべきか否かの問題提起すら他店ではなかったはずだ。たとえ一部であってもそういう本屋が世にあると知れて、非常にうれしく感じた。よい本屋さんだ。

次買う際は啓文堂書店だなと思ったが、一年ほど前に神田駅前の店が閉店した。京王線がエリアとのことで、近場に無いのは残念。