読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冴えないおじさんとロレックス

満員電車は多くの人にとって苦痛らしいが、私はそう感じない。2つ理由がある。まず、田舎で住んでたら大人数で空間に押し込まれた状態に遭遇することなどない。地方出身者としてはユニークな経験だ。案外楽しかったりする。そして人間観察ができる貴重な時間である。

ぎゅうぎゅう詰めの状態では本は読めないし、朝はボーっとしてるので、もっぱら人をみてる。今日は、目の前で座ってるおじさんが腕時計をずっと眺めていた。頭おかしい奴はいっぱいいるので、こいつもそのひとりかと思い、目線を他に移したのやが、すぐに、待てよ、この時計は高級時計なのではないか?と思った。よくみると、ロレックスである。

冴えない感じの、その辺にいるおじさんである。スーツも平凡だ。しかし時計だけは金色に輝いている。それを愛おしそうに触れ、飽きもせず眺めている。豚に真珠とはこのことだ。

私は高級時計を買うのはくだらんことやと思うし、まして種類によって金額の多寡に差があるが、最低でも70万円ほどするロレックスを買うなんて、金持ちならともかく庶民がそんなものに大金を使うのはばからしいと考える。しかしこのおじさんは表情にこそ出してなかったが、本当にうれしそうだった。心の満足度が70万円分あるのかはわからないが、この人はいい買い物をしたのだなーと感じた。

電車を降りる前に、ロレックスを手首から外し、バッグに入れる。たしかに一介のサラリーマンがロレックスして仕事するのは社会通念上おかしい。常識はもってる人だ。ふつうのおじさんに安物のバッグやけど、中にはロレックスが入ってる。窃盗犯っているけど、たしかに誰が何を持ってるかわからないなと思った。帰宅の電車で座れたなら、彼は同じように時計を眺めるのだろう。明日の朝も、同じように…。