読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CBR400Rに乗る 2016年モデル

f:id:suzaku-umenoya:20160423230444j:plain

寒い時期が過ぎ去り、バイクの季節がやってきた。天気がよかったので千葉へツーリングにゆく。蘇我を走っていると、ホンダドリームがあった。去年の秋に、東京モーターショーでお披露目していた北米仕様のCBR500Rを400㏄にして日本で発売してたのやが、まだ見にいってなかった。ということで店に寄ってみる。

f:id:suzaku-umenoya:20160423230551j:plain

 LEDライトで、CBR1000RRと違って両目が光る

 

すると試乗車がある。乗ってみたいが、買う予定はない。試乗車を見ていると、店の若いお兄さんが「試乗できますよ~」と言ってくれた。お言葉に甘えて、乗らせてもらう。

f:id:suzaku-umenoya:20170320054516j:plain

 リアもカッコいい

 

最高馬力は46PS、トルクは3,8kgfで車重194㎏。名前がCBRやが、バーハンドルなのでドラポジは楽。エンジンかけるとすごくいいサウンドなので驚いた。走るともちろん楽しい。ただ、バイクはクルマとちがって大半の車種が楽しいので、CBR独自のおもしろさがあるのかと考えると、難しい。ホンダ車らしく非常によいバイクやけれど、400に70万円を出すのは厳しい。実際に購入を検討するなら、MT‐07と同価格であることを考えねばならない。MT‐07は排気量が倍ちかくあるが、維持費の差はほぼない。であれば、両車を比べてCBR買おうとはならないだろう。やはりMTの価格は魅力あるし、最近のバイクは高価になりすぎているともいえる。10万円ほど安く作れないのだろうか。

f:id:suzaku-umenoya:20160423230954j:plain

 インパネも綺麗にまとまってる

 

最近のバイクは、スピードメータータコメーター両方がデジタルになってるけど、私はタコはアナログが好み。アナログの方が視認性に優れてデザイン面でもよいと思うのやが、所有すればデジタルもいいなとなるのだろうか。写真みればわかるが、両方デジタルのほうがメーターがコンパクトに収まる。が、そんなことよりも驚くことに、最新のバイクやのにギアポジションインジケーターがない!あることに慣れていれば、いま何速に入ってるのかわからなくて不便だ。時計がついてないようなもので、なぜこんなことしたのか、デジタルの意味がないではないか。バイク自体の性能には関係ないことやが、私ならこの一点だけで、欲しいと思っていても買うのをやめる。開発者がなぜつけなかったのかまったく理解できない。今どき、20万円ほど安い250㏄クラスにもついてある。マイナーチェンジで絶対につけるべきだ。

私が予算を気にせず400を買うなら、よりパワフルで個性ある4気筒エンジンのCBを選びたい。CBRは2気筒だ。逆にそれほどパワーはいらないという人もいるので、そんな人にとっては素晴らしいバイクだろう。400はいろんな面で日本では乗りやすい。

f:id:suzaku-umenoya:20160423231507j:plain

 先代CBR、比べると古さを感じさせる

 

最大の魅力はデザインだろう。東京モーターショーでCBRを見たとき、あまりのカッコよさに頭がクラクラした。間近で見ても、やっぱり素晴らしい。Ninja 400よりCBRのほうが魅力あるが、発売から月日が経ってるNinjaの方が10万円ほど安く買えると思う。

f:id:suzaku-umenoya:20170207220016j:plain

 モーターショーで日本初披露

 

CBRは魅力あるが、購入を考える際は価格が気になる。MT-07とバッティングし、同クラスのNinjaはより安く買える。

試乗後に写真を撮ってもらうと、撮ったあとに「自分のバイクみたいじゃないですか~」と言われた。みると、たしかにそんな感じがする。ショッピングリストに入ってなくてゴメンナサイ。私はホンダが好きで尊敬もしてる。ホンダのバイクは2台、所有してきた。

大学生の頃の大阪時代に、CB400SF(NC39)に乗っていた。400は味わい尽くした感があるので、次のバイクは大排気量モデルやと決めている。

今回、ホンダドリーム蘇我で乗せていただいた。ありがとうございます。雰囲気のいいお店でした。

f:id:suzaku-umenoya:20160423231714j:plain

 

ーーー

 

今、2017年の1月やが、一度もCBR400Rを見かけてない。つまり売れてないわけだ。これはふたつ理由がある。ひとつは前述の通り、価格が高いからだ。もうひとつは、日本仕様を400㏄にしているが、そのせいで魅力が薄くなってるのやと思う。おそらく元の500㏄はもっとおもしろいのだろう、500㏄で今の価格なら納得いくかもしれない。車の免許は排気量の違いで区別はしていない。そう考えると、バイクの普通免許、大型免許と別れている制度は変えた方がいいかもしれない。

 

1月22日、アキバで初めて見かけた!色は赤やったが、赤の範囲が広いので非常に派手だ。CBRを久しぶりに見たけど、やっぱりかっこいい。

f:id:suzaku-umenoya:20170123003258j:plain

 

新型CB1100に乗る RSは超カッコいい 2017年 - Toita blog