読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマハ発動機創業60周年記念カラーのSR400

f:id:suzaku-umenoya:20160608005046j:plain

ヤマハが創立60周年記念モデルを出していて、カラーは黄色である。XSRなどカッコいいので、どこかで見かけれたらうれしいなと思ってたのやけど、先日のハーレーのイベントで、私のバイクの隣に記念車のSRが停まっていた。

すごい、オーナーは粋な買い物したななどと思いながら見てると、その人が来た。いやー、これ記念モデルですよね、初めて見ました。カッコいいですネと話しかけたかったのやが、愛想いいタイプでない。バイクの運転は一人だけでするから、自分の世界に浸ってたのしむ、非常にとっつきにくいタイプのバイク乗りが一定数いるが、彼がそれだ。よっていろんな話を訊きたかったが、今回は断念する。

さて、SRは多くのバイク乗りから愛されてる。現行は何十年も同じモデルである。私は乗ったことないのやが、どれくらいおもしろいバイクなのか興味ある。だって1気筒で非力、はたしてそれでおもしろいのだろうかと、誰だって疑問に感じるだろう。理解できないのは、エンジン起動がキックしかないこと。これはふつうの感覚ではめんどくさい、セルもつければいいじゃないかと思うが、オーナーは気にならないのだろうか。

そしてSRにプラス15万円ほど出すと、MT‐07が買える。それならMTのほうがいいでしょ、とも思う。そのあたりの疑問をぜひ、オーナーに訊いてみたい。そして自分で乗ってみて、なるほどSRはおもしろい、買う価値あり!となるのかどうか。SRが唯一無二の存在で、個性があることはたしかだ。女で大きなバイクに乗りたい、250ccはイヤだという人には、SRが最適やと思う。地味なデザインながら、黄色も似合っていて素敵だった。