読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「川口駅献血ルーム」で献血 ☆35回目☆ 埼玉 針刺すときに痛くなかったのは初めて

f:id:suzaku-umenoya:20160610005406j:plain

自宅から川口駅までバイクで23km、45分で着く。走る機会はあまりないが、私は明治通りが好きなのでよいドライブになった。明治通りで赤羽までゆき、岩槻街道を走って川口へ。埼玉での献血は、越谷のレイクタウンに次いで2ヶ所目である。

f:id:suzaku-umenoya:20160610005447j:plain

受付で予約した者ですが、と言うと、「お待ちしておりました」。旅館に来たような感覚になり、笑いそうになるが顔には出さないように我慢する。採血中に看護師さんに教えてもらったが、ルームは埼玉で最も古いとのこと。しかしながらルームは綺麗で、狭いがあまり人がいなければ落ち着いた雰囲気で居心地いい。

f:id:suzaku-umenoya:20160610005521j:plain

順番が私の前だった、しっかりとした雰囲気を醸し出す30代の女は、血液検査の結果、基準値に達していなかったので献血できなかった。聞くと、そういった人はたまにいるとのこと。したくても、できない人もいるわけだ。たとえば輸血経験のある人は献血できない。事故などで手術して、輸血のおかげで助かったので、自分も献血して人の役に立ちたい、は無理なのだった。

f:id:suzaku-umenoya:20160610005552j:plain

撮影禁止のルームもあるみたいやが、確認したら、川口はOK。ただし採血番号は写さないでください、と言われた。

f:id:suzaku-umenoya:20160610005639j:plain

驚くことに、針を刺したときにまったく痛みがなかった。本番の針はけっこう太い。下手な人やとけっこう痛いし、その影響で一日、体調が悪くなる。彼女は刺して一旦止めて、向きを変えて奥に入れる、2段階のやり方だった。自身で上手いと自覚あるのか知りたかったので、痛くなかったですと感想を述べて、なぜ上手なのですかと聞いてみたが、謙遜して答えなかった。彼女はプロフェッショナルである。その人達に共通するとおり、いい人相をしていた。川口のルームには、一流の技術をもった看護師さんがいますね。

予報が当たり、帰りは雨が降っていた。環七の隅田川の橋を通りながらよそ見していると、前を向けばクルマに迫ってる。急ブレーキかけると、道が濡れてるうえに白線上だったので、リアタイヤがロックして横滑りした。なんとかコケずに対処できたが、エンジンが止まる。不運ならコケて大変な目に遭っていたと思うと、10分ほど気分が悪かった。次に買うバイクはABS装着車にしなきゃ。

 

私の献血ルーム巡り

献血123 の検索結果 - Toita blog

埼玉の献血ルーム巡り

献血埼玉123 の検索結果 - Toita blog