読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「川越クレアモール献血ルーム」で献血 ☆36回目☆ 遠いが、それでも行く価値あり

献血 埼玉

f:id:suzaku-umenoya:20160611000508j:plain

川越は小京都として観光地として有名やし人気あるのやろうが、大阪で住んでたときに京都にはよく行ったので、「小」には興味ない。なにより自宅から遠いので、一度も行ったことがなかった。川越街道を通り、およそ50㎞、2時間で着。埼玉に入ってからトラックが増えて、けっこう疲れるドライブだった。

f:id:suzaku-umenoya:20160611000544j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20160611000626j:plain

 なぜヤクルトスワローズ

f:id:suzaku-umenoya:20160611000714j:plain

写真のとおり、かなり綺麗なルームである。血が足りてないとのことで、全血を頼まれたが、それをすると3ヵ月、献血ができなくなる。今年中に首都圏のほとんどを廻りたいと思ってるので、断った。以前は全血しかしてなかったのやけど。

f:id:suzaku-umenoya:20160611000741j:plain

血漿の採血をしてると、看護師さんが「今回は4クールお願いしてかまいませんか?」。その時々で量が違うのですかと尋ねると、センターの血液のストック次第で違うという。私の履歴調べて「前回は3クールですね」。へぇ、そうなんや、まったく気づかなかった。足りてないなら、死ぬ手前まで採っていいですよと伝えると、体重で限界量は決まってると言われた、私の場合は600mlとのこと。600mlってけっこうな量だ。私は一度、600ml抜いたことがあると教えてもらったが、一切覚えてない。

f:id:suzaku-umenoya:20160611000826j:plain

協力者は観光客が多いですかと質問すると、「大半は地元の人達ですね」。私みたいにルーム巡りを楽しんでる人も多いらしく、ある人は、わざわざスカイツリーのルームまで行ってきて、景色がものすごくよかった、と喜んでたとのこと。川越からそこへは遠い。私はスカイツリーの近くで住んでるので、その人とは逆パターンだ。

f:id:suzaku-umenoya:20160611000910j:plain

終了後、観光地はどのあたりなのか教えてもらう。その後、ソファに座ってコーヒーを飲んでると、地図を印刷して、持ってきてくれた。そこまでしてくれて恐縮しつつ、感激した。これはデパートの丁寧な接客のようなマニュアルではない、本当のおもてなしだろう。立派な女性だなと感心した。遠くても、来る価値のあるよいルームだった。もう訪れないかもしれないので、この機会に愉しい時間を過ごせれたのはうれしい。

f:id:suzaku-umenoya:20160611000949j:plain

観光地なので適当な場所にバイクを停めるのは無理。よって街ブラはしなかったのやが、その場所には行った。川越のシンボルである時計台が修理中かなにかで、シート被せてるのにはビックリした。べつにこだわってたわけでないが、遠くからきて、シンボル見れず。

f:id:suzaku-umenoya:20160611001058j:plain

帰りは新大宮バイパス。走る機会はないが、流れがいいので新大宮バイパスは大好き。東北ツーリングの帰りに走った以来なので、4年ぶりだった。

 

↓ 私の献血ルーム巡り

献血123 の検索結果 - Toita blog

↓ 埼玉の献血ルーム巡り 

献血埼玉123 の検索結果 - Toita blog