読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「立川献血ルーム」で献血 ☆37回目☆ 久しぶりの東京

f:id:suzaku-umenoya:20160615235657j:plain

首都圏の献血ルームで、自宅から離れた場所が何ヶ所かあるが、そのひとつが立川である。同じ東京やが、私の住まいは23区の東側、立川は23区から離れて西側に位置する。東京は東西に長い。

新宿まで行き、そこから甲州街道をひたすら走る。幹線道路なので交通量は多い。混んでる道をクルマで走ればまったくおもしろくないが、バイクならそれなりに楽しめる。すり抜けという特権もある。しかし予報では曇りやったのに、天気悪い。神田あたりで雨が降ってくる。雨のなかをバイクで走っても楽しくないし、路面濡れてるわ眼鏡やヘルメットのシールドに水滴つくから前が見えんわで非常に危ない。神経使って走るのでかなり疲れた。49㎞、2時間、最悪の気分で立川に着く。

バイクは昭和記念公園に停める。人と話す気分ではなかったのやが、受付の人に「BBQの方ですか?」。雨でバイクで一人で来て、BBQする奴がどこにいんねん、と思ったので、質問をしてみた。この公園はドーム30何個分の広さで、東京で最も広い。日曜は2000台の駐車場が満車になるほどの人気で、アベック(その人の表現)や家族連れなどが地方からも来る。元々自衛隊の基地とのこと。部屋の壁に首都圏地図を貼ってるのやが、皇居などとともにこの公園も緑色になってて、広さがわかる。

f:id:suzaku-umenoya:20160615235751j:plain

地元じゃないのでそういった知識は持ってなかった、教えてくれてありがとうございますと言ってバイクに跨ると、「あれ、お客さんとぼくの靴、同じじゃないですか」。私に見せるためにわざわざ胸の位置まで足を上げてくれる。見ると、同じナイキの赤ではあるが、あきらかに違う。おっさん、違うやないか…。

予定外な会話のおかげで、雨ドライブのストレスがちょっと消えた。立川駅に来るのは1年ぶりである。

f:id:suzaku-umenoya:20160615235848j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20160615235930j:plain

ルームは地下1階にある。多くは上階にあり、もしくは1階にある。地下街のルームはあるが、ビルの地下は珍しい。私は初めてだ。

f:id:suzaku-umenoya:20160616000105j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20160616000153j:plain

 スタッフの表情に、戸惑いを感じる

f:id:suzaku-umenoya:20160616000251j:plain

 立川は写真撮影禁止である

 

採血の前に医師に問診をされるのやが、体調はどうですかなど、いつもどうでもいいことしか訊かれない。ここで脱落する人っているのですか?と訊いてみると、「います」。病院行ってから日が経ってないとか、自覚はないが、医師が視て、この人風邪だなとわかったり、そういった理由で献血不可はいるとのこと。なるほど、問診する意味はきちんとあるわけだ。

採血の間に、質問の機会を窺ってたのやが、最初の人は話が好きそうでない。途中、違う人がコーヒーを持ってきてくれたのやが、ストローのサイズが合ってない。こちらは片手なので、胸元にこぼしてしまった。それをきっかけに、さきほど人が多かったですが、いつも人多いのですかと訊くと、「ふだんはもっと多いです。日曜はベッドが埋まります」。これは納得いく話で、東京のたくさんあるルームは都内にある。西東京エリアをカバーするのは立川と町田しかない。東京といえば23区をイメージするが、西も人口は多いのだ。「データみると、山梨や静岡の人もいるんです」。これには驚いた。「たぶん、ルームが県に一ヶ所ぐらいしかないので、ここに来るのだと思います」。

献血ルーム巡りをしてるんですと言うと、彼女たちはルームの転勤があまりないみたいなので、逆に有楽町はどうですかとか、アキバはフィギュアがあるらしいですね、などと質問される。考えてみればそうやが、行ったことないのだ。質問するだけでなく、こちらも答えると会話が成立する。この人は話すのが好きらしくて、いろいろと教えてくれた。感謝です。

採血後、コーヒー飲みながら献血カードを見ると、データが更新されてない。その旨を伝えて、更新してもらう。カードに記載されてないだけならいいのやが、献血回数がカウントされない可能性がある。事実、1年以上前の川崎での献血がカウントされてないと、ネットで自身の履歴を確認したときに気付いた。その日はカードを忘れたのかもしれない。よって私の登録データでは1回分、少ないことになってる。これはもう変更できないと言われた。

f:id:suzaku-umenoya:20160616000543j:plain

雨降ってて立川までの道程はしんどかったが、いろいろとおもしろかったし、新たに学んだこともあった。最近は遠征ばかりしてたので、東京で献血したのは久しぶりである。献血ルーム巡りはほんまにおもしろい。趣味の対象としては珍しいし地味な印象を与えるが、素晴らしいものやと思う。

f:id:suzaku-umenoya:20160616000651j:plain

 伊勢丹とモノレール

 

私の献血ルーム巡り

献血123 の検索結果 - Toita blog

東京の献血ルーム巡り

献血東京123 の検索結果 - Toita blog