読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青山繁晴先生の選挙演説

参議院選挙の比例代表で、自民党から出馬している青山繁晴氏は、私が近畿大学の4回生のときに、経済学部で国際関係論を教えてくださった。よって私は氏の教え子の一人なので、青山先生とよぶ。先生の東京演説をみにいってきた。

先生の演説はyoutubeで視て、たくさんの人が集まってるのは知ってたが、品川にゆくとこちらもたくさんの聴衆がいる。

f:id:suzaku-umenoya:20160709220844j:plain

日本は資源小国と思ってる国民が多いが、それは違う。日本海にはメタンハイドレートが豊富にあり、これをきちんと活用すれば、電気代が1/10になる。それを発見したのが青山千春博士やが、石油会社など、日本が資源小国のままの方が都合のいい組織が国内にたくさんあり、韓国や中国もそうだ。彼らが先生や先生の会社にたいへんな圧力をかけて潰そうとしてきた。政治家になれば、ずっと国益を損なってきた、戦後の間違った構図が崩れる可能性がある。

f:id:suzaku-umenoya:20160709221355j:plain

今回の選挙期間で、秘書さんの人気がうなぎ上りである。おもろかったのが、先生の本を持って秘書に「サインしてください」という人が3人いたこと。本人は嫌がってたが、結局はサインさせられてた。

f:id:suzaku-umenoya:20160709221656j:plain

東京最後の演説は、新宿だった。先生はずっと拉致事件を解決するために動いていたが、政治家になれば、訪朝すると言ってる。先生が落選すれば、拉致事件は解決しないだろう。新宿では、農業の話もされていた。

f:id:suzaku-umenoya:20160709222020j:plain

先生の出馬を知らない人が多いとのことで、当選するかどうかはわからない。先生ほど立派で優秀な方は他にいないので、明日の夜には結果が出るが、どうか当選してもらいたい。

f:id:suzaku-umenoya:20160709222158j:plain