「つくば献血ルーム」で献血 茨城

f:id:suzaku-umenoya:20160723194052j:plain

茨城県つくば市までは、東京の自宅から65㎞ほど離れている。かなり遠いが、献血ルームはネット上の写真を見た印象よりもずっと綺麗だった。それを知れただけでも行く価値があったと思った。

f:id:suzaku-umenoya:20160723194739j:plain

採血中に看護師さんをみてると、首都圏のルームで働く看護師さんと雰囲気がちがうように思う。前回の水戸のルームのときも感じたが、こちらの人はおおらかなのだ。献血の遠征をすることで気付かせてもらったが、私も心を失っていた面があった。せっかちにイライラしながら動き回るばかりの人生は、つまらんだろう。彼女たちのように、もっと心に余裕を持ちたいと思った。

f:id:suzaku-umenoya:20160723194842j:plain

アラームが鳴ったので、看護師さんが様子をみにきた。血の流れが遅くなると鳴る。すると中にお湯が入ってある手に握る物と、お腹に置く物の2つを渡された。手はルームによっては用意されているが、お腹は初めての体験だ。お腹を温めると体温が上がるのだろう、またひとつ勉強になった。

採血が終わるときに看護師さん2人と話した。東京から来たのですが、ここのルームは綺麗ですねと言うと、「東京のルームも綺麗な所が多いでしょう、スカイツリー(の横にあるビル内のルーム)は凄いみたいですね」と返事が来た。ぼく、スカイツリーあたりで住んでるんですよ、と言うと2人が大きな声で「えーー!」と言ったのでこちらも驚いた。大げさでなく、彼女たちは本気で言っていた。これは地方に住む人の東京への憧れである。彼女たちは東京の地理に詳しくないだろうから、スカイツリーの近くで住むのは凄いと感じるのだろう。実際は下町のような場所なので、凄くない。

f:id:suzaku-umenoya:20160723195759j:plain

上の写真のつくば献血ルームと書いてあるすぐ左でラジオをやっていた。物珍しさに離れた場所でそこを見ていると、今ラジオで話している女性に手を振られた。私はそのときにキュウリを食べていたので、恥ずかしくて近寄れなかったが、代わりに頭を下げた。

f:id:suzaku-umenoya:20160723200113j:plain

 ルームが入る建物、駅の目の前に立地する

 

今回の献血も楽しめたし、つくばに来ること自体が初めてやったので、いろんな意味でおもしろかった。

f:id:suzaku-umenoya:20160723200303j:plain

 

私の献血ルーム巡り

献血123 の検索結果 - Toita blog

水戸の「献血ルームMEET」で献血 初めての遠征 - Toita blog