読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新型CBR250RRがインドネシアで発表される 2気筒に変更になり、安心した

f:id:suzaku-umenoya:20160726184528j:plain

現行のCBR250Rが日本であまり売れてないのは、1気筒だったからだと思う。1気筒と2気筒では、エンジンの質感が全く違う。私なら1気筒は買わないし、5万円高くとも、2気筒のほうがいいなと思う。

CBRはなぜか1気筒なので、街中ではGSRの方をよく見かける。日本での発売は来年の春あたりかと思われるが、2気筒になるのでよかった。

デザインに関しては言うことはない。さすがホンダで、文句のつけどころのないカッコよさである。400に続き、250もいい。早くて来年出るCBR1000RRにも大きな期待を寄せたい。ただ気になったのは、フロントフォークがゴールドであること。ゴールドは高級車に採用する暗黙のルールがあるが、250でこれはよくない。安いバイクにも採用すると価値が下がるので、実車ではそうなってないことを願う。

合理的に判断すると、250㏄のバイクが最も経済的だ。100㎞/hまでならストレスなく走るし、維持費が安い。街乗りメインなら十分な性能をもってる。各社からいろんな車種が出ていて、50万円前後で選べる。たとえば大学生が乗るにはピッタリの排気量だと思う。

現行のCBRが出たときに、今はもうない京葉道路亀戸駅ちかくのホンダドリームで試乗した。私の雰囲気をみて何か感じたのだろう、乗る前に「まだ100㎞も走ってなくてタイヤも剥けてないので、絶対に飛ばさないでください」と念を押された。乗ると、1気筒なのでエンジンが安っぽいなぁと感じた。

私はもう、250は乗らないが、魅力あるモデルが出てくることは嬉しく思う。55万円ぐらいだろうか。

f:id:suzaku-umenoya:20160726190327j:plain