読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SV650に乗る V型エンジンは個性あってMT‐07よりおもしろい

バイク バイク試乗

f:id:suzaku-umenoya:20160903223804j:plain

最近のバイクの価格は、高くなりすぎていると思う。もちろんコストをかけてつくってある、高価な車種があるのはいい。しかしながら現状では、400㏄以上のバイクのほぼすべては70万円を超えている。気軽に買える金額ではないだろう。部品コストを下げれるところは下げ、見た目が多少チープでもいいからもっと安くなれば、バイクへの関心がより高まり、バイク乗りが増えるのではなかろうか。250㏄のバイクにはその方向性のモデルが存在するが、大きな排気量ではMT‐07とNC750しかなかった。

若い人はNCを買わない。MT‐07が素晴らしいのは、安っぽくないのに60万円台で買えることだ(YSPで買えば70万円台)。まったく同じコンセプトのニューモデルがSV650である。

f:id:suzaku-umenoya:20160906223203j:plain

 最近のスズキには珍しい丸目

 

f:id:suzaku-umenoya:20160906223311j:plain

 ホイールの青色はいらない

 

ということで、SVのよい点は安さである。70万円台なので、同排気量クラスの他のバイクと比べれば安い。4気筒、400㏄のCB400SFと同じ金額だ。以前に乗っていたので、CBの素晴らしさはよくわかっているが、どちらかを選ぶなら、シリンダー数が少なくとも排気量が大きくてパワーのあるSVのほうがいい。そして魅力は軽さである。196kgしかない。私のように都市部の街乗りメインなら、軽さは最大の武器になる。バイクもクルマも軽いほど動力性能は上がるし、燃費もよくなる。私の愛車はGSR750やが、東京で乗るならSVの方が運転しやすくて楽だ、ということは理解している。SVは想像以上に軽快に走ってくれるので、長時間運転しても疲れないと思う。都市在住者と、バイク歴が短い人と、体力に自信ないベテランライダーには最高のバイクだろう。

f:id:suzaku-umenoya:20170320030023j:plain

 リアからみると、250ccクラスのサイズ

 

MT‐07と比較すると、最大の違いはエンジンで、SVはV型である。最高出力は76.1PS、最大トルクは6.5kgm。アメリカンに多いエンジンフィールと同じで、ドコドコとエンジンが鳴っていてたのしい。明らかに並列より個性がある。そして走り出すと同時に太いトルクでグイっと引っ張られていく、400㏄クラスより加速が1ランク速い。エンジンはMTより優れていると感じた。走りに最も影響を与えるのはもちろんエンジンなので、それがライバルより優れているのはSVの最大のセールスポイントになるだろう。シリンダーが縦置きになるので、その分、横幅が狭くなる。

f:id:suzaku-umenoya:20160906224601j:plain

 グラディウス、V-Strom650と同じエンジン

 

メーターはおもしろいことに、上のクラスのGSX‐S1000と同じものである。流用できるパーツはそうすることで、コストダウンするわけだ。これはSVの武器になる。なぜならMT-07のメーターはダサすぎるからだ。あんな変な形のメーターは見たことない。SVのそれはまとまったよいデザインだ。

 

f:id:suzaku-umenoya:20160906224800j:plain

SVの評価で難しいのはデザインで、タンクから全体のプロポーションまで非常にシンプルだ。無駄がない。それはいいのやが、カッコいい!とはならないだろう。ただし、V型エンジンの造形は美しい。見ていて飽きない。おもしろいのがヘッドライトの丸目で、CBやZ2などの昔のネイキッドの影響で日本人は丸目が好きやが、外国では人気ないとのこと。だから現行のカブは丸目でなくなった。このヘッドライトもシンプルさを印象づける。

700~800㏄クラスで2気筒の安価なモデルがもっと出てきてほしいと思う。MT‐07のヒットからわかるように、日本でも外国でも需要はある。カワサキは出さない気がするが、ホンダがNC以外に出さないのは残念に思う。最近のホンダは元気なく、魅力あるモデルが減った。そういったことを考えると、スズキがSVを出したのは非常に意味がある。販売台数でMT-07に負けるなら、原因はデザインと販売力の差だろう。SVの売れ行きに注目したい。

 

ーーー

 

後日、スズキワールドに行った際に、SVの納車場面に出くわした。赤色を初めて見たけど、個人的には白のほうが好み。が、白やとホイールが紫になる。この紫が嫌で、赤を選ぶという人もいるだろう。オーナーはおっさんで、うれしそうやったが気持ちはよ~くわかる。納車時が最もうれしい瞬間だ。店の人にきくと、よく売れているという。いま、新車の大型バイクを買う平均年齢は53歳で、ちょうどこの人がそれぐらい。若い人が買わないと、遠からず日本のバイク文化は滅びてしまう。

 

GSR750がやってきた 私はスズキに首ったけ♡ - Toita blog

東京での「スズキファンRIDEフェスタ」に参加する ① 2016年 隼は本当に素晴らしいバイクだ - Toita blog

新型CB1100に乗る RSは超カッコいい 2017年 - Toita blog