読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が乗っていた、カワサキ 250TR

バイク

f:id:suzaku-umenoya:20161210002924j:plain

250TRに乗った期間は2年と7ヶ月ほどである。TRとの別れは寂しかった。なんといっても、一度もコケず、一度も事故をしなかったのは最もよいことだ。しかしトラブルはあった。

東北ツーリングの初日に、東北道を380㎞走って山形北ICで降り、トイレから戻ってエンジンをかけるとかからなくなった。以前に前兆はまったくない。やっとこさかかったので、15㎞ほど走ったが、今にもエンジンが止まりそうだ。これ以上、市内から離れると危険だと判断し、道の駅「むらやま」で止まる。

バイク屋を調べると市内にレッドバロンがあったので電話をかける。すると、本来ならレッドバロンで買っていないと修理しないが、GWで他のバイク屋は休みなので特別にみてくれるという。GWにツーリングにゆく人は多いが、バイク屋の大半は休みなので、トラブルを起こせば大変な目に遭うのだった。

次に保険会社に電話し、レッカー車を呼んでもらう。保険を使うことで初めて知ったが、レッカー移動がサービスに入っていて、20kmまでなら無料だ。三井ダイレクト損保はよい保険会社やと思う。そんなこんなでバイクを積んで店まで持っていく。みてもらうと、おそらくバッテリーが死んでるのが原因だという。よって1日預けて、それを替えてもらった。山形市内で起きたトラブルなので運よく対応できたが、東北の山の中とかでエンジンが止まってしまえば大変なことになっていた。レッカー代が5万円や10万円になる。だから県庁所在地でのトラブルは不幸中の幸いだった。といったトラブルも、無事に解決したならば良い思い出の1つになる。TRには感謝の思いしかない。

f:id:suzaku-umenoya:20161210003030j:plain

TRの特徴を挙げれば、まず単気筒であること。単気筒特有のエンジン音や振動がおもしろい。ただ1気筒でギアが5速ということもあり、100㎞/hを超えると振動と音が大きくなって不快である。だから都内を走る速度域では楽しめるが、飛ばすなら単気筒はよくない。19馬力と非力なエンジンだ。よってバイク好きが乗るには物足りないが、逆にいえば性能をフルに使いきれるたのしさはある。

f:id:suzaku-umenoya:20170118004920j:plain

そしてサイズがコンパクトである。これも良い面悪い面とあるが、取り回しが楽だ。肩の力をまったく入れずに乗ることができるのはよい。バイクのよさのひとつは気軽さであるから。

f:id:suzaku-umenoya:20170118005109j:plain

燃費はたしか、街乗り25㎞/h前後、ツーリングで30㎞/h以上は走ったと思う。250ccは燃費よい。ただタンクが小さいので、必然的に燃料タンクも小さくなり、6,5Lしか入らない。よって120㎞ほど走ればGSに行かねばならなくて、それはけっこうめんどくさい。

f:id:suzaku-umenoya:20170118005159j:plain

   能登半島先端、ランプの宿の崖上

f:id:suzaku-umenoya:20170329022637j:plain

  青森の岩木山

 

タコメーターがないことからもわかるとおり、正統派のバイクではない。TRのだめなところはスポークホイールであること。これは錆びるのでだめだ。そしてブロックタイヤは意味不明である。ふつうのオンロードタイヤに交換できるので最後は私もそれに替えたが、ブロックタイヤのときは運転がしづらかった。というより一般の道でそれは危険だ。純正でブロックを履かすカワサキの判断が理解できない。よい面などない。TRをオフロードメインで乗ってるやつなどいないじゃないか。そしてなぜかキーの差込口がタンクの下にある。わざわざそこに作るセンスを理解できない。ふつうにメーターの下でいいではないか。

f:id:suzaku-umenoya:20170118005412j:plain

  福井の千里浜なぎさドライブウェイ

 

250TRは2013年に生産中止になり、時期型を作る予定はないが、非常によく売れたモデルである。気軽さとデザインが受けたのやと思う。硬派なカワサキにしては、珍しいバイクだった。

f:id:suzaku-umenoya:20170329022922j:plain

  ライダーハウス 

f:id:suzaku-umenoya:20170118005649j:plain

 

GSR750がやってきた 私はスズキに首ったけ♡ - Toita blog