読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妙法生寺に参拝する 千葉県夷隅郡大多喜町

f:id:suzaku-umenoya:20170103000334j:plain

首都圏でツーリングに行くならもっぱら千葉である。目的のひとつは、お寺巡りだ。GSR750とともに妙法生寺(みょうほうしょうじ)にゆく。地図をみると、「麻綿原高原」という山の中だ。私は秘境のような場所にある神社仏閣が特に好きなのでわくわくしながら向かっていたが、途中から道が狭くて荒れている。走れんことはないが、オンロードバイクだと注意しながらでないと危ない。このあたりは広い範囲で山なので、こんな奥まで入っていって、無人寺なのではないかと思った。

f:id:suzaku-umenoya:20170103000404j:plain

着くと、山の斜面の木の枝を切っている人がいる。聞くと、あじさいの枝を切って、間引きしているとのこと。妙法生寺はあじさいで有名なのだった。50年ほど前から、前住職があじさいを植えはじめ、今では20万ほどのあじさいがあるという。開花の7月は、多くの人で賑わうそうな。

f:id:suzaku-umenoya:20170103000536j:plain

階段を上って本堂前に着くと、作業着の男性に会い、挨拶をされた。その方が「扉が閉まっているが、(本堂の)中に入れます。入ると、握手できる仏様がいますので。(私の持っている袋を見て)食事はこちら(休憩所)でできますよ」。本堂に入れるのは嬉しい、あと握手できるというのは初めて聞く表現である。会話をしていると犬が近づいてきた。犬好きなので、ワンちゃん、ワンちゃんと話しかけると、「名前はジョイといいます」。人と話すのがむちゃくちゃ好きな人だ。おもしろい。おそらく彼は住職だろう。人相でそう感じたが、ただし作業着なので断定はできない。

f:id:suzaku-umenoya:20170103000604j:plain

お堂にお邪魔させて頂くと、握手できる仏様は、触ることのできるという意味だろう、そして触ればご利益があると。これも立派な営業努力である。私は本堂のなかでひとり、静寂のなかを座っていた。その時間は幸せである。何かを考えたり、何も考えなかったりしながら、しばし時が経つのを忘れて、仏様の前で座る。

f:id:suzaku-umenoya:20170103001202j:plain

本堂を出ると、私の荷物の所に、みかんがひとつ置いてあった。さきほどの方だろう、よい人だ。ありがたくいただく。

f:id:suzaku-umenoya:20170103000646j:plain

もうひとり、おばあさんがいて、ほかの参拝者と、飼い犬と猪の決闘について15分ほど熱く語っていたが、けっこう齢を重ねている風にみえるのに、話し方が非常にはっきりしている。以前、九十九里浜ちかくの神社で88歳のおばあさんに会ったが、彼女は動きも話もしっかりしていた。神仏のご加護があるからそうなっているのなら、私としてはおもしろいと思うのやが、どうだろうか。帰り際に挨拶をすると、はきはきしゃべるのですごいなと思った。こういう歳のとり方ができれば幸せな人生だ。この方も人間が好きなのがよくわかる。

f:id:suzaku-umenoya:20170103000731j:plain

あじさいの間引きをしていた人にも話しかけると、いろんな話をしてくれておもしろかった。彼は会津の寺で1週間、断食するなどの修行をしてきている。彼に、天拝園まで登っていけばいい。そこで日蓮が暁光を拝んだ伝承がある、と言われたので行ってみると、これはもう、本当に素晴らしい景色である。房総の山と太平洋がこれほど広くみえる場所はあまりないと思う。教えてもらわなかったらこの景色を見なかったので、ありがたい。

f:id:suzaku-umenoya:20170103000842j:plain

  北は見渡す限りの山

f:id:suzaku-umenoya:20170103000947j:plain

  奥は太平洋

f:id:suzaku-umenoya:20170103001039j:plain

後ろ髪を引かれつつバイクまで戻ると、さきほどの方と、住職が道に座って話している。休憩中だ。住職に「飲んでいきませんか」と缶コーヒーとお菓子を頂き、私も道に座る。バイクで千葉の有名な寺巡りをしていますと言うと、「なんでそんなことしてるの?」。意識してなかったのやが、私ぐらいの年齢の人で、お寺に興味があるのは珍しいと言われた。おもしろいのが、「あ、創価学会の人?」と言われた。なるほどそういう発想があるのか。「では小さい頃に両親とお寺に参っていた?」。それもちがう。出身が四国だというと、88か所だからか、とも言われたが、それもちがう。私のように周りの影響でなく、お寺が好きな若い人は、よほど珍しいのだろう。考えてみるとたしかにそんな人、私の周りにもいない。

f:id:suzaku-umenoya:20170103001348j:plain

  7月はあじさいでいっぱいになる

 

明るく、人が好きな方だったので、たのしくお話しさせていただいた。住職と話しこむなど、めったにない機会なので、いろいろと質問させていただいた。日蓮の法難のうちの、首を切られる寸前に、何か光るものが落ちてきた助かったエピソード、あれは事実でしょうかと問うと、科学的な解が返ってきたのはおもしろかった。住職は事実だろう、という考え。

では、もう暗くなるので、と解散し住職は山に入っていったが、そういえば大事なことを聞いてないなと思い、迷惑かなとは思いつつ追いかけていき、「お寺で拝む際に、何を祈ればいいですか?」

「私が信者の人達にいつも言っているのは、最初の祈りは世界平和です。みなが人の気持ちを考えるようになれば、争いはなくなる。次は、家族や周りの人の幸せです。そして最後に、自分のこと」。

仏教のルールとして、それらが決まっているわけではない。この考えは、住職が仏教日蓮宗などを勉強した結果、導き出した考えであり、縁あって私はそれを聞くことができたので、私もこれからはその3つを祈ることにする。

f:id:suzaku-umenoya:20170103001257j:plain

妙法生寺は、山奥にあるので、気軽にいける場所ではない。そして言われて気づいたが、墓がない。つまり菩提寺ではないので、その収入が無いのだ。世間で仏教が嫌われている面があるのはこれだ。つまり家の墓があるので、寄付をさせられたり、頼んでもいないのに盆に坊さんがきて、お経を唱えて大金をもっていく。これはたいへん「おいしい商売」だ。こういう現世利益を汚らしく追い求めるお寺のガレージをみるとLSなどの高級車が停まっていたりするのやが、妙法生寺はそういうことをしていない。だからかつては廃寺になる手前だったときもあったようだ。あじさいを植え続けたのも、参拝者を呼ぶための営業努力である。ただ、それは一時の期間だけなので、いまは紅葉を植えているとのこと。大きいのは高価なので、小さいのを数百円で買って、10年後に向けて、植えているという。こういう「クリーン」なお寺もあることを知ってもらいたい。私もまた、訪れたい。山奥なので、すばらしい自然のなかである。妙法生寺は非常に立派なお寺であった。

 

↓ 私のお寺巡り

寺123 の検索結果 - Toita blog

↓ 千葉のお寺

寺千葉123 の検索結果 - Toita blog