読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「松戸献血ルームPure」で献血

献血 千葉

f:id:suzaku-umenoya:20170106230943j:plain

千葉の松戸は家から近い。環七を内回りに走り、水戸街道を柏方面にしばらく走ると松戸駅である。13㎞、25分で着く。献血ルームがあることからもわかるとおり、大きな街ではあるが、一度も遊びにいったことがない。電車で松戸駅を降りたことはあるが、周辺を歩いたことはない。よって今回は、松戸駅に行くこと自体がたのしみであった。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231043j:plain

HPには、提携しているバイクの駐輪場はないと書いてあるが、念のため電話で確認すると、駐輪場がある!隣接する伊勢丹の地下に置けるという。駐輪場があるなら、ルームに行くうえでの障害はなにもない。ここは百貨店の駐車場なので、30分200円と高い。6台分のスペースがあるが、行きも帰りも停めているのは私だけだった。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231147j:plain

ルームに入ると、予想と違って広くて綺麗だった。私は行ったときに楽しむために、ネットで写真を見ないようにしていて、松戸は場所柄、狭くて古いルームだろうと思っていたが、よい意味で裏切られてうれしかった。オープンは2007年とのこと。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231253j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170106231402j:plain

そして今日は、『肩もみ』のイベント日である。採血前に松戸の『整体あすか』の先生に施術してもらう。自分では肩こりはないと思っていたが、凝ってますね、と言われた。スポーツをしているか訊かれたのでウエイトトレーニングをしていると答えると、彼はマッサージ師を22年しつつ、ウエイトを教えることもやっているという。よって最後までその話をした。私はベンチプレスがもっとも好きであるが、彼は教え子にベンチはさせないという。歳をとって、腕が上がらなくなるという。たしかにそのリスクはある。いい三頭筋してますね、と褒めてもらえた。集中的に右腕の三頭筋の内側を揉まれたので、時間が経った今も、ちょっと痛みがある。そして胸をされているときに、むちゃこそばかった!我慢できたが、無理です!と音をあげそうになった。私はウエイトを仲間としているので、いつもアドバイスをもらうが、考えてみると、身体を触ったうえでのアドバイスはされない。彼は、走るのが速い遅いのと同様に、ウエイトは100%才能だという。向いてない人がやっても意味がないとまで言ったが、君はがんばればもっと(扱う重量が)上がるよと言ってもらい、うれしかった。施術は13分で、ルームのイベントとしては川崎の手相診断と並んで、もっともよかった。他のルームでも、マッサージや整体をもっと増やしてほしい。その際は、いまのようにボランティアでなく、きちんと報酬を払うべきやと思う。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231504j:plain

検査の採血で、いろんなルームに行っているのですね、と言われたので、ルーム巡りが趣味ですと答えると、「全国に行っていますか?」。残念ながら、大阪と首都圏である。なるほど、ひとつ学んだので、次からは「ルーム巡りが趣味です、首都圏はほとんど行きました」と答えることにする。成分献血をするが、どちらでもいいなら血漿(けっしょう)をしたいですと伝えると、「センター(実際はこの表現ではなかったが、何て言われたか忘れた)からの要請があるので、血小板でお願いします」。血小板は3日しかもたず、かつ年末は全血、血小板の供給が年間で最も減る。たぶん血小板で頼まれるだろうなと予想していたし、足りてないなら、もちろん血小板で協力します。ちなみに年間の献血回数の上限は、血漿は24回、血小板なら12回だ。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231619j:plain

松戸ではお菓子は5種類でまあまあ、漫画、雑誌、そして私は観ないがDVDは満足できる量を揃えていた。うれしいことに『会長 島耕作』があるので、これを持って採血室へ。採血室やベッドもきれいで、ベッド数は10台、看護師さんは5人、採血サイクルは4クール(血液をとり、血小板だけとって他は体内に戻すのが1クール)だった。1時間で終わり、看護師さんに水分の取り方について訊くと、「一気に摂っても尿で出るだけなので、今日はこまめに水分補給してください」。水でもいいですか?には、「アルコール以外ならいいです」。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231752j:plain

駐車券は3時間分だった。一般客なら、駐車代は1200円になる。本音はもっと短くしたいのだろうが、採決後、20~30分の休憩を推奨している。私は経験ないが、採血後は、貧血で目まいや立ちくらみを起こすリスクがあり、特に私はバイクを運転するので、すぐ帰らせて、献血が原因で事故を起こされるとニュースになってしまう。よって採血が終わってから50分ほどの時間があったので、コーヒーなどを飲みながらゆっくり過ごす。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231705j:plain

このルームのみの光景は、トイレの前に有料の缶の自動販売機があったこと。すべて(あるいはほぼすべて)のルームには、無料の紙コップの自動販売機が用意されている。アペックス、コカ・コーラジャパンビバレッジなどが、社会貢献で無償提供しているのだった。飲み物やお菓子が目当てで献血する人も多い。松戸はジャパンビバレッジ2台だった。有料のそれで買う人はいるのだろうか。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231908j:plain

そして帰る10分前ぐらいで存在に気づき、後悔したのやが、足裏マッサージの機械が2台、置いてあった。これもルームで初めてみかけたが、素晴らしいと思った。価格は高くないから、ほかのルームも用意してほしい。

f:id:suzaku-umenoya:20170106231955j:plain

松戸献血ルームは、トップクラスではないがけっこうきれいで、サービスに力を入れていて、よいルームだった。意外にといえば失礼なのだろうが、千葉の献血ルームはレベルが高い。

f:id:suzaku-umenoya:20170106233717j:plain

 

↓ 私の献血ルーム巡り

献血123 の検索結果 - Toita blog

↓ 千葉の献血ルーム巡り

献血千葉123 の検索結果 - Toita blog