読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜGSR750を選んだか

f:id:suzaku-umenoya:20170118003432j:plain

GSR250からの乗り換えで、次は大型に乗ろうと思った。ただ1000㏄や、CBなどの1300ccクラスのネイキッドタイプはまだ先でよいと思った。よって選択肢は「ミドルクラスのバーハンドルモデル」である。当初はヤマハのMT-07にしようと思っていた。売れていることからもわかるとおり、非常に魅力がある。700ccのあれほどの性能のバイクが安く買えるのやから売れて当然だ。しかも夏(2016年)に、大阪のバイク屋が総費用61万円、ABS車なら66万円で売っていてびっくり。これを買おうかと思い、店に電話で確認までした。

f:id:suzaku-umenoya:20170118003545j:plain

買うのをやめた理由は、その頃にバイクをいろいろと調べているうち、バイクが大好きになっていき、「本物のバイク」に乗りたいと思うようになっていた。本物とは、本格的な性能をもつバイクという意味で、エンジンなら、スポーツエンジンだろう。フロントサスは倒立になるだろう。そういう一級品のパーツで成り立つバイクに乗ってみたいという思いが強くなっていったのだった。

そう考えると、MT-07はちがう。MT-09はその定義に入るが、MTの武器である「軽さ」が私の中の定義に外れる。そして09は外観とメーターのデザインが悪すぎる。そう考えると、選択肢はGSR750とカワサキ Z800の2車種だけしか残らない。

f:id:suzaku-umenoya:20170118003606j:plain

しかしZを買うのは無理だ。まずデザインが悪い。そして試乗車がない。こんな高額商品を一度も乗らずに買うのはリスクがあるし、そもそもおかしいだろう。購入後に、イメージと違うかった…となればどうするのか。そういった事情を他の人も考えるのだろう、結果、Zは日本では売れていない。驚くことに走っている姿を一度もみかけたことない。ちなみに一度見かけたことのあるZ1000も売れていない。それは顔のデザインが悪いからだ。性能はよいバイクなのだろうが、私なら迷わずスズキのGSX-S1000を買う。こちらの方が安いし、試乗車も探せばどこかのスズキワールドにはある。

f:id:suzaku-umenoya:20170118003702j:plain

となると、選択肢はGSRしかない。このエンジンはベースがGSX-R750であり、つまりはR600のエンジンをベースとする。これはモトGPで勝つために作られた、一級のエンジンだ。エンジンに関しては100点だろう。このように考えると、日本ではミドルクラスの魅力あるバイクが少ないということに気づく。免許制度の影響もあるが、バイクは700㏄前後が性能も価格もバランスが最もよい。ヨーロッパではこのクラスが最も売れると聞く。

おそらく大型を乗り継いできたベテランからすれば、ミドルクラスは中途半端なのだろう。買うリストはリッタークラス以上になる。それは正しい判断やが、250や400クラスの下からステップアップする際には、いきなりリッタークラスにいかずに、ミドルクラスを選んだ方がいい。ミドルクラスを味わってないのに、リッタークラスの凄さ、140馬力の凄さをきちんと理解できないと思うのだ。

GSR750を選んだ理由はそういった考えからです。

 

↓ GSR750

GSR123 の検索結果 - Toita blog