新型CB1100に乗る RSは超カッコいい 2017年

f:id:suzaku-umenoya:20170215021147j:plain

CB1100のコンセプトは「昔のバイク」で、30年以上前の、日本でバイク人気があった頃のデザインを踏襲している。おもしろいことに新型はそのキャラクターをさらに強めてきた。ノーマルとEXとRSの3タイプもあるが、そのうちのEXとRSはタンクにウイングマークがつかずにHONDAとある。ホンダもスズキもヤマハも昔のバイクにはロゴはなく名前だけだった。最近では、ヤマハが創業60周年記念モデルでそれをやっていたが、ホンダのロードバイクではVTRなどのごく一部だけだったので珍しい。他にもウインカーやテールライトの形状など、デザインの細部に渡ってレトロ感を出している。ノーマルは、先代とデザインがあまり変わっていない。

f:id:suzaku-umenoya:20170215021056j:plain

エンジンも引き続き、空冷である。排ガス規制の強化を機に空冷エンジンは消えていき、今やほとんどが水冷である。空冷の特徴のひとつは、エンジンの美しさである。燃焼効率などの性能で水冷に勝てないが、空冷独特のエンジンフィールなどに魅力を感じるファンは、年配者を中心として存在する。

f:id:suzaku-umenoya:20170215021300j:plain

リッタークラスのネイキッドモデルでは、ホンダの主力はCB1300である。CB1300は高性能で、かなり速い。スズキはバンディットを去年に、カワサキはZRXを最近になって生産中止にした。海外でこのようなモデルの需要があるのかどうかわからないので知りたいところやが、ZRXは国内専売だったので、あまりないのかもしれない。少なくとも日本市場だけでみれば、作っても採算はとれない。日本ではバイクが売れないので、年に1000台売れればヒットというとんでもない状況に陥っている。6月にヤマハのHPを見ると、XJR1300も生産中止になっていた。HPのラインナップに載っていないが、おそらくXJR1300Cは逆輸入車で、こちらは今でも売っていると思うが、したがってリッタークラスのネイキッドはカワサキ、スズキが撤退し、ヤマハもXJRの次期モデルは出してこないだろう。つまりこのクラスはホンダの独壇場である。他メーカーが撤退したのに、ホンダは2車種もラインナップしており、さらにエンジンを水冷と空冷でキャラクターを分けてある。これは非常におもしろいなと思う。

f:id:suzaku-umenoya:20170215021532j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170215021625j:plain

ということを頭に入れながらRSの実車をみると、むちゃくちゃカッコいい。古いバイクのデザインをメインにしながらも、最新のバイクの雰囲気もきちんと出している。非常にレベルの高いデザインだ。このあたりはさすがにホンダである、CB1100のデザインはおじさんライダーの心を掴むだろう、なんといっても唯一無二の存在だ。

f:id:suzaku-umenoya:20170215020859j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170320031144j:plain

座ってみると、シートの出来に感動した。これほどクッション性のよいシートのバイクを他に知らない。アイドリング音は、さすがに1100ccもある大排気量エンジンなので、いいサウンドだ。走ってみると、意外ながら水冷エンジンとほとんど変わらない。言われなければ、空冷エンジンだとは気づかない。排ガス規制のクリアや、燃費向上を優先した結果、空冷の味が薄まったのだろう。それは残念ではあるが、しかたがない。驚いたのは、エンジンに個性を感じなかったこと。最高出力は90PS、トルクは9,3kgmもある。

f:id:suzaku-umenoya:20170215021729j:plain

私はGSR750に乗っている。このエンジンは、個性の塊である。非常におもしろいエンジンで、濃い味があり、ものすごく速い。ふだんそれに乗っているので当然、GSRと比較することになるが、CBのエンジンは、あえて個性を殺したのではないかと思うほど個性を感じない。レッドゾーンまで回せば速いのだろうが、スポーツエンジンのように恐怖を感じるような加速はなく、単調に回転数が上がっていく。GSRは6000回転を超えると、狂暴的な加速をもって回転数が上がっていくが、もちろんこの2台はコンセプトがちがう。したがって基本はゆっくり走り、たまにスピードを出すような走りをする年配のライダーにはCBのようなバイクがいいのだろう。価格が100万円を超えるので、倒立フォークやと思っていたら、正立である。これからも飛ばすバイクではないとわかる。年配ライダーの事故死の多さが多少、社会問題になっているが、体力や運動神経が衰えているのに、お金はあるから高価なスポーツバイクに乗り、結果、事故を起こすのだろう。腕に自信がなければ、CBのようなジェントルなバイクが向いている。車重は252㎏とけっこう重い。

f:id:suzaku-umenoya:20170215021817j:plain

疑問を感じたのは価格で、税抜きでノーマルが1.067.000円、EXが1.239.000円、RSが1.276.000円である。RSの価格なら、CB1300と同じで、GSX-S1000より高い。私なら迷わずCB1300、GSX‐S1000を選ぶ。20万円の金額差を考えると、ノーマルよりRSのほうが断然カッコいいけれど、ノーマルを選んだ方がよい。CB1100は130万円を出してまで買うモデルではない。

f:id:suzaku-umenoya:20170215021901j:plain

残念ながらCB1100が走っている姿を見かけることはほぼない。ツーリング先でもほとんど見かけないなぁ。あまり売れていないのかもしれない。しかしホンダはカワサキ、スズキのように、CB1100を販売中止にする選択肢もあっただろうに、新型を出し、かつ3モデルも用意してきた。最近フルモデルチェンジしたワゴンRも3モデルあるが、バイクでそれは珍しい。この空冷エンジンは他車種には使わないだろうから、CBのためだけに開発した贅沢なエンジンである。若い人はバリバリ走りたいのでCB1100は買わないけど、飛ばすことから卒業したベテランライダーには素晴らしいバイクになるだろう。ホンダも彼らをターゲットにしてCB1100を作ってあるので、お金に余裕ある50代以上のライダーには、CBをどんどん買ってほしいとお願いしたい。