読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

献血50回を終えての感想

f:id:suzaku-umenoya:20170215030440j:plain

新宿東口駅前献血ルームでの献血は51回目であるが、以前にした川崎での献血がカウントされていないので、記録上では今回で50回目となる。50回目で記念品がもらえる。記念品は、10回目、30回目の節目にもあり、色違いの物だ。

50回がすごいかどうかといえば微妙で、年に最大で24回できるので、大学の4年間で50回は達成できる。ただ私の献血は半数以上が全血なので、10年以上かかったのだった。100回以上している人はすごいと思う。

大半の人は、献血をしたいと思えば実際にできるだろう。しかしクリアしなければいけない基準がある。体調が悪かったり、体が弱いことが血液のデータに現れるなら、できない。冬場に血液が不足するのは、風邪などの病気にかかっている人が多いからだ。そして仕事で海外によく行く人もできない。よって少ないだろうが、献血をしたいと思っていてもできない人がいるわけだ。

私としては、献血をずっとやり続けたいなという願いと、全国のルームに行ってみたいと考えている。行った場所は、大阪と首都圏と茨城だけである。全国をツーリングで走っているときにルーム巡りが趣味だったなら、鹿児島や北海道の札幌ではない地域などにも行けたのにと思うと、もったいないことをした。しかし期限はないので、時間をかけてでもいろんなルームに行けたらいいなぁと思っている。最も興味があるのは、名古屋駅のルームだ。

今年は、一度は行ったことのある東京のルームと、首都圏でよかったルームをもう一度廻ってみることにする。次は池袋だ。

f:id:suzaku-umenoya:20170215030552j:plain

  左から10回記念、30回記念

 

私の献血ルーム巡り

献血123 の検索結果 - Toita blog