読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキワールドでお買い得なV‐Strom1000をみる

バイク

f:id:suzaku-umenoya:20170220004031j:plain

スズキワールドでバイクの整備をしてもらっている間、暇なので店頭のバイクをみると、V‐Strom1000(ストローム 以下、V、V1000)に興味を持つ。

ジャンルはアドベンチャーで、私も短い距離なら乗ったことあるが、このバイクがもっとも真価を発揮するのはツーリングで、信号で止まらなくてよい状況下で走り、キャンプ道具などもたくさん積んで使ってみないと正確な評価はできない。一般の評価は高く、私もよいバイクだと思う。欧州で売れているみたいだ。価格は140万円前後で、アフリカツインと同じだ。オフの走破性はアフリカツインの方が断然高いだろうが、おそらくオンロードの走行性能はVの方がよいと思われる。

私が気になるのは、ライバルのカワサキ、ヴェルシス1000である。これの特徴は、なんといってもninja1000のエンジンを積んでいることだろう。よってこちらは4気筒、Vは2気筒で、エンジンの開発費がちがう。私が買うなら、アドベンチャーとしての使い勝手よりエンジンの楽しさを重視するのでヴェルシスを選びたい…と思うが、おそらくヴェルシスは試乗車がないだろう。一度も乗らずに150万円ちかくも払うのには勇気がいる。その点、Vは探せば試乗車がある。今はモデル末期なのでない可能性が高いが。ヴェルシスは正立フォークのようなので、エンジンと違って車体にはお金をかけてないかもしれない。それならVのほうがいい。

価格で考えれば、隼が同じぐらいだ。私なら迷わず隼を買う。開発費と性能がまるでちがうだろう。

f:id:suzaku-umenoya:20170215052148j:plain

葛飾店で、スズキの販売店で使用した、走行距離109㎞のほぼ新車状態でなんと総費用93万円で売っていた(今は売り切れてない)。これはV1000がほしい人にとっては、ものすごく安い。もちろん傷はない。これはお買い得で、新古車のVは他のスズキワールドでも売っている。GooBikeで調べれる。

次期型が既に発表されていて、2017年の春から夏あたりに発売されるだろう。デザインはあまり変わっていないし、たぶんエンジンも現行の改良でほとんど変化はないと思われる。新型車を150万円ちかく出して買うのと、こちらを買うのとどちらがよいか。私なら1秒も迷わない。

大型のアドベンチャーは、日本の平均身長では両足が着かないので、私が将来乗りたくなっても所有はできない。その点で誰もが乗れるバイクではないが、それがクリアするならV‐STROM1000は素晴らしいバイクだろう。