読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなカラーのGSR750

f:id:suzaku-umenoya:20170329020516j:plain

買うバイクの車種を決めたら、次はカラーを決めなければならない。私の場合は既に決まっていたが、一応、実車で違うカラーも確認しておきたかったので、見にいった。

まずは白色である。白のよいところは、シンプルであること。そして清潔感がある。よくない点は、汚れが目立つこと。私には、白を買う選択肢はなかった。GSRの白は、全体に白なのでカッコよくはない。他の色でもそうやが、一色で統一するのはやめたほうがいい、白をメインに他の色とのツートンカラーにすべきだった。たとえばカワサキで考えると、全体が緑ならカッコ悪いわけだ。そうでなく、緑と黒の組み合わせなら、カッコよくなる。GSRはあまり売れなかったので見かける機会がめったにないが、たまに見かけても白であるケースは少ない。

f:id:suzaku-umenoya:20170329020723j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170329020801j:plain

  スズキワールド葛飾

 

お次はグレーで、これはレアである。見かけたことない。お台場のスズキの試乗会でGSRに乗ったことはあったが、当時は買う予定などないので、記憶に残ってない。よって買う前に改めて試乗したいと思ったが、発売から時間が経っているし、人気モデルではないので試乗車あるのかなぁと思いながら調べると、西東京スズキワールドに一台だけあった。八王子とかなら遠すぎて行かなかったが、府中なら1時間半でいけるので、乗りにゆくと、試乗車のカラーがグレーである。全体を黒系で統一しているので、暗い。バイクは性能いいとか速いとか以前に“華”がなければならない。その観点では、地味であることはよくない。よってグレーを所有する勇気はないが、おもしろいことにカッコ悪くはないのだ。このカラーもアリやなと思った。おそらくグレーの販売比率は1%ぐらいなので、気に入ってこのカラーを選べば、自分だけのGSRを所有した歓びが味わえる。なぜ試乗車が不人気のグレーだったのか、理由はわからないが、わざわざ遠くまで乗りにきてよかったと思った。この機会を逃していれば、グレーをみることは今後もないかもしれない。

今、日本仕様で売っているカラーは3種類あるが、そのうちのひとつは黒である。試乗車は逆輸入車だろう、日本仕様ではグレーはなかった?黒も見かけたことなし。

f:id:suzaku-umenoya:20170329021114j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170329021205j:plain

  スズキワールド多摩

 

さて、本命の青と白のツートンカラーである。これは数種類あるが、こちらは現行モデルの青と白のパターンである。青白は2種類あるが、最大の違いは、こちらはフロントフェンダーが黒になる。この違いだけで印象が変わるのはおもしろい。どちらの方がいいかは決められない。ツートンカラーモデルは、単色よりも3万円高い。けれども、カラーの妥協はできないので、これを買うしかない。

f:id:suzaku-umenoya:20170502100330j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170502100351j:plain

次は濃い青と、シルバーの組み合わせ。この色も見かけたことない。

f:id:suzaku-umenoya:20170502100632j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170502100700j:plain

  スズキワールド新宿

 

そして最後は、私のGSRのカラーである。このカラーは、日本仕様ではもう売っていない。ツートンではこちらが先に用意され、2015年か2016年にカラー変更し、上のツートンに変更となった。私のGSRは逆輸入車である。欧州では、このカラーは現行で売られている。

GSRの9割ちかくは青白のツートンカラーで、最も売れたのはこのカラーの組み合わせだろう。非常にカッコいい。

f:id:suzaku-umenoya:20170329021844j:plain

  スズキワールド世田谷南

 

私がGSRを実車でみたカラーはこれで以上やが、まだ他のカラーも存在する。たとえば赤である。発売当初のラインナップにあり、途中で消えたこの赤GSRを私は見かけたことない。売れなかったのだろう。しかしながら写真で見ると、カッコいいのである。青とどちらがいいかといえば青の方やが、赤もカッコいいなと思うし、最も派手だ。当時はGSRに関心なかったため、走っていても気づかなかっただけかもしれない。私の願いは、一度でも赤のGSRを見てみたいな~ということである。

このように、細かい違いでも分ければ、GSRの歴代カラーは10種類前後存在する。海外はわからないが、少なくとも日本ではあまり売れなかったけれど、スズキが大事にしていたのがわかる。実際に、カッコよくて性能のいい、魅力のあるバイクである。あなたにとってお気に入りの、GSRカラーは何色ですか?

 

GSR750

GSR123 の検索結果 - Toita blog