足裏のウイルス性イボとの闘い④ おそらく完治したので、経緯をまとめてみる

ウイルス性イボをレーザー治療してから4か月経った。すこしでもウイルスが残っていれば、いずれ再発するので、今の時点で完治したとは断言できないが、見た感じでは治ったと思う。ということでイボと共に暮らした3年間を振り返り、まとめてみたい。

まずは感染した場所やが、私の場合は、スポーツジムか銭湯の可能性が高い。移されたら迷惑であるが、感染すれば、次は自分が移す側になる。そうなれば他人に迷惑をかけることになるので、そういう意味でも感染すれば早く治さなければならない。ちなみに医者に教えてもらったが、足裏にウイルスがついても、24時間以内に洗えば感染しないとのこと。毎日きちんと足裏を洗っていれば感染しない。ただし私は不潔にしていたわけでなく、ちゃんと洗っていた。が、たまたまウイルスが残ってしまったのだろう。

次に感染した場合は、になるが、これはウイルス性のイボやと気づくのに時間がかかる。なぜなら珍しい病気で自分も周りの人もそれについて知らないし、魚の目だろうなと思うからだ。どこかの時点で「これは魚の目ではないんじゃないか」と疑問に思うときがくるまで待つしかない。その時点で皮膚科に行けばいいが、私はアホなので、病院に行くなんて考えもしなかった。ある日、イボとは関係なく、ダニに噛まれた箇所が大きな水膨れみたいになり、それで皮膚科に行き、その際にイボについて医者に聞いたのだった。

皮膚科に行くと、「これはウイルス性のイボです」と教えてくれる。そこでやっと本当の病気を知ることができ、医者から自分で削ったりすればウイルスがほかに移るので触るなと言われる。私もイボが大きくなるにつれて、そこに小石が挟まってるような感じで歩きづらくなるので、爪切りで削っていた。削ればいずれ治るだろうとも、深く考えずに思っていた。その結果、イボ1つが3つに増えた。したがって触ってはいけないのやが、問題は医者の次の行動で、そいつはほぼ確実に「液体窒素治療」を勧めてくる。

 

液体窒素治療は絶対にしてはいけない

 

 これは‐200°でウイルスを焼いて治すのやが、この治療法で治る可能性は低い。治らないうえにさらにデメリットがあり、むちゃくちゃ痛い。痛すぎて当日は歩けない、翌日は歩けるが、多少の痛みが残る。イボの数が多ければ、そのぶん痛みは増す。治療は1週間に一度で、定期的に焼かないと、意味がないといわれている。そして当然、無駄にお金がかかる。私がしたところでは1000円で、年間で48000円かかる。これは医者が言っていたが、1年やっても、患部がウンともスンとも言わない人もいる、とのこと。私の場合やと、1年やっても2年やっても治らなかっただろう。

むちゃくちゃ腹立つのが、液体窒素では治らないことを医者が知っているのに、それを強制的にやらせることだ。皮膚科の医者にとってこれは、非常においしい商売だ。たんに液体窒素を患部に当てるだけである。こんな楽な仕事はない。私がかかった医者は、手術する選択肢もあるが、ウイルスが残れば再発し、再発する可能性はそれなりにあるので、地道に液体窒素で治した方がいい、と言ってきた。こちらは知識がないので従うしかない。液体窒素を勧めてくる医者は、最低な人間だ。そしてこの病気は命の危険はないが、癌とか重い病気でも、間違った治療法を勧めてくる医者はいると思う。そういう重い病気にかかった際も、自分で病気の治療法を調べないといけないと思った。なんといってもこちらには知識がない。

ただし、フェアにいえば、ウイルス性イボにかかったばかりなら、ウイルスは皮膚の奥底にはまだ届いていないので、液体窒素で治るのかもしれない。このあたりは経験ないのでわからないが、液体窒素で治る人もいるみたいなので、一応書いておく。私としては、早かろうが液体窒素は勧めない。

次は自宅治療、つまり自分で治す試みやが、

 

②自宅治療もすべきでない

 

皮膚科の医者が嘘つきである次には、ネット情報も嘘ばかりだ。私は液体窒素治療に不信感を抱き、ネットで調べて自宅治療で治そうとした。まず私がしたのは、イボコロリサリチル酸で皮膚を溶かして治そうといったやり方やが、これは魚の目などに効くのであって、ウイルスには効かない。というのはウイルスは皮膚の奥底まで達しているので、ここまで溶かしたら激痛が伴う。そして血管から血液を養分にしてウイルスは生きているのやから、そこまで溶かせば血が出るはずだ。したがってイボコロリでは治らない

次にしたのは線香で焼く、やが、今考えると、こんなので治るわけがない。当然やが、むちゃくちゃ痛い。

ネットで調べると、自宅治療という間違った紹介をしている記事がたくさん出てくる。つまりウイルス性イボは、医者もネットも嘘つきばかりやということ。100歩譲ってブログに書いているそいつは自宅治療で治ったのかもしれんが、それを一般化して他の人に勧めるのは間違っている。こいつらのせいで迷惑を被った。おまえら、どうせブログに書くなら正確な情報を書けよ。何が目的で間違ったやり方を書いて、他人に迷惑をかけやがるのか。ほんまに腹立つ。

では確実に治る、お勧めの治療法はあるのか?となるが、ある。それは炭酸ガスレーザーによる治療である。名前の通り、レーザーで焼くのだ。これのよい点は、初診のその日に焼いてくれる、1か所5000円と安価(ただし1回につき2か所までしか治療できない、4か所ある人は残りを来月に治療する)、治療後は痛みはあれど歩ける、つまり松葉杖とかそういった状態にはならない。私がした病院は、八重洲の「やえす日本橋ヒフ科」である。注意事項は、院長が治療するので、彼がいる曜日の時間に合わせて予約をしなければならない。HPをみてほしいが、このクリニックは東京にいくつかあり、院長は曜日ごとにいる病院がちがう。よって自分の予定の合う曜日を調べて、いる病院で予約すればいい。

他の病院でも、この治療をするところもあると思うが、もし地方に住んでいて、近くにその病院がなければ、このために東京に来て治療してもいいと思う。本来はレーザー治療すると、翌日に患部を見せに病院に行かねばならないが、地方から来て明日は来れない旨をいえば、翌日に渡す薬もその日にくれるのではないかと思う。治療の翌日から、朝と夜に、薬を塗って、ガーゼで覆う、これを患部が乾燥するまで2~3週間続ける。乾燥すればあとは放置し、時間をかけて皮膚が再生するのを待つ。2週間後に来いと言われたので行くと、院長がいなかったので違う医者がみたが、その人はウイルス性イボは詳しくないらしく、行った意味はなかった。行くなら院長がいる曜日に行かねばならない。順調に治っているか、そしてウイルスが残ってるかどうかを確認してくれる。治療後1か月後にも病院に来いと言われたが、患部を見て、たぶん治っただろうなと判断したので、私は行かなかった。

ちなみにレーザー治療も絶対に治る保証はなく、再発しても文句言わないでねの誓約書にサインさせられる。ただ私のイボ2つのうち1つは3年物で、その分、深く根を張っているが、それでも治った。したがって一度の治療でほぼ治るのだろう。

 

③正解は、レーザー治療で治す

 

治療から4か月が経ち、私のウイルス性イボは(おそらく)完治したが、治るまでの過程に、皮膚科のクソ医者に騙され、ネットの情報に騙された。そのおかげで2年ほど無駄な時間を過ごし、体感しなくてよかった激痛(液体窒素を経験した人はわかるが、本当に痛い)を味わい、無駄に金を使い、自分で治療したりなどの無駄な時間を過ごした。終わったこととはいえ、私には、それらに対しての怒りがある。したがって現在、ウイルス性イボに罹っていて、縁あって私のブログを見た人は、正しい知識をもってもらい、正しい治療法で早く治してほしい。他の治し方もあるかもしれんが、レーザー治療がベストやと思う。すくなくとも私はそれで治った。この記事で書いてきた通り、ウイルス性イボは珍しい病気なので、間違った治療法をしている人が多い。正しい治療法が常識になる日が早くきてほしいなと思う。ウイルス性イボは治すのが難しい病気ではなく、正しい治し方の答えを知るのが難しい病気だ。

記事の最後に、レーザー治療後の足裏の写真を載せる。

f:id:suzaku-umenoya:20170520160745j:plain

 液体窒素と自宅でサリチル酸で溶かしていた頃、イボが3つある

f:id:suzaku-umenoya:20170520160925j:plain

レーザー治療の翌日。皮膚も削ってるので、当然、多少の痛みはある。上は病院からもらった塗り薬。

f:id:suzaku-umenoya:20170520161012j:plain

 1週間後

f:id:suzaku-umenoya:20170520161207j:plain

 1か月後。乾燥している

f:id:suzaku-umenoya:20170520160636j:plain

 3か月後

f:id:suzaku-umenoya:20170520162203j:plain

 4か月後

f:id:suzaku-umenoya:20170520162401j:plain

 見た限りでは、ウイルスは残っていないと思われる

 

ウイルス性イボ日記

ウイルス性イボ123 の検索結果 - Toita blog