モリアオガエルを食べるヤマカガシを観察する 千葉県の清澄寺

f:id:suzaku-umenoya:20170626214053j:plain

千葉ツーリングの際に、鴨川市の有名なお寺である清澄寺(せいちょうじ)に行った。本堂を正面にみれば、左へ進むと池がある。このあたりはモリアオガエルの生息地である。であると断定的に書いたものの、私は今回の件で調べるまで、モリアオガエルのことは知らなかった。モリアオガエルはアオガエル科のカエルで日本固有種。繁殖期が5~7月なので、モリアオガエルの鳴き声がたくさん聴こえていたのは、オスの求愛の声だった。清澄地域はモリアオガエルの千葉における生息地のなかでは代表的な地域で、モリアオガエルは県指定天然記念物である。

ということで、私が立っているこの場所にはたくさんのモリアオガエルがいて、声もたくさん聴こえる。しかしながら姿は一度もみかけなかった。警戒心が強く、葉の裏などに隠れているのだろう。有名な生息地ではあるが、ものすごくたくさんいるわけではないということ。

f:id:suzaku-umenoya:20170626214143j:plain

そういった状況を踏まえつつ、池にはロープがかけられており、そこには「ヘビ注意」と書かれた紙がとれかけの状態ながらあった。ヘビ!私はヘビが好きなのだった。ただし好きといっても犬好きが犬を抱きしめたくなるそういう感情の好きではなく、好奇心の対象としての好きだ。大阪と東京でヘビを見たことない。したがって四国を離れてからヘビを見る機会は激減している。わざわざ注意書きしているのはヘビがたくさんいるからだ、ワクワクしながら辺りを見渡して探す。とはいえ、ヘビは警戒心が強いからそうタイミングよくは見つからないだろうなぁ~と思いながら池に目をやり、探す。当然、いない。山の中に入って探しまくったら見つかるかもしれんが、ヘビ探しが目的でここへ来たわけではないからなぁと思いながら池の横を見ると…。ヘビがおるやないか。1mぐらいあり、けっこう大きい。ヘビが好きですと言っておいて申し訳ないが、このヘビの名前がわからなかった。帰宅して調べると、ヤマカガシだった。アオダイショウやマムシなどと共に、日本で多く生息している個体やが、しかし高知や香川では見かけなかったような気がする。カエルが大好物とのことなので、清澄にはモリアオガエルとセットで多くのヤマカガシもいるのだろう。

ヤマカガシと私との距離は3mぐらい。あちらが警戒すれば逃げるだろうからじっと動かずに見ると、なにやらずっと頭を上下に動かしている。私は視力が悪いのでよく見えないのやが、頭が膨らんでいるようにみえる。私は脱皮しているのではないか、と思った。

f:id:suzaku-umenoya:20170626214403j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626214444j:plain

逃げられないように、ゆっくりゆっくり近づく。ヤマカガシは熱心に頭を動かしているので、私に気づいていないのか、気づいてはいるが、巨大な敵から逃げるよりその動作に熱中することを選んだのか。それらの事情を人間である私が判断することはできないが、うれしいことに、ヤマカガシは逃げない。彼も日本男児、あるいは大和撫子なのだった。彼(彼女)との距離は1mぐらい。これほど近づけば何をしているのかが理解できた。脱皮ではなく、モリアオガエルに噛みついているのだ。これはたいへんな僥倖で、野生のヘビがごはんを食べている場面を見ることなどふつうはない。むちゃくちゃラッキーやなと興奮しながらもしっかりと観察し、しつつ写真も撮る。おもしろいのは、ヤマカガシはモリアオガエルをすぐには飲み込まない。たぶん10分間ほどの長い時間、噛みついて上下に揺すっていた。これには2つの理由が考えられる。まず通常時の口よりも大きな獲物を食べるので、すぐには飲み込めない。もうひとつは、獲物の息の根を止めてから飲み込む。両方かもしれないが、私は殺していたのではないかと考える。なぜなら10㎝弱のカエルを自分で捕まえてみるとわかるが、彼らの足で蹴る力、握った手から逃げようとする力ってけっこう強い。生きたまま飲み込めば、喉あたりで暴れられて食道が傷つく、もしくはヘビが死んでしまうケースも考えらえれる。したがってまずは殺すのではないか。私はヤマカガシにもっと近づき、30㎝ぐらいの距離間になった。ここまで近づけばよ~く見える。食事中でない野生のヘビをこんな至近距離で長時間みることなど不可能で、ヘビが逃げるか闘いになるかのどちらかになる。これほど近いと、捕まえてみるかというスケベ根性も出てくる。しかしそれはしない。なぜならいかなる動物も、食事を邪魔されれば激怒するからだ。私だって邪魔されれば腹立つ。したがって相手の尊厳を守りたいと思うならば、食事を邪魔することなどしてはいけない。食べることは、生きること。本来なら、ヤマカガシにとって人間が近くにいるなんて容認できる状況ではないが、それでも逃げずにモリアオガエルを食べようとしている。たぶん、食べながら逃げるのは無理なのだろう。食べるか、逃げるかの二択で、このヤマカガシは食べるを選択した。私はその決定に感動したし、やはり生きる者にとって食べることは大切な行為だなぁと思った。近くでみていると、100%食べることに集中しているヤマカガシの姿には感動させられる。

f:id:suzaku-umenoya:20170626214533j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626214617j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626214651j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626214959j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626215044j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626215115j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626215148j:plain

ヤマカガシは噛みつきから、徐々に飲み込んでいった。飲み込む時間はそれなりに早い。口のところではモリアオガエルの大きさぐらい膨らんでいたが、喉を過ぎたあたりから、あまり膨らんでいなかった。そのあたりは食道やと思うが、硬いみたいだ。ちなみに写真を見ると、モリアオガエルを後ろから食べているが、これはたまたまではなく、ヤマカガシはカエルを食べる際は必ず後ろから食べるとのこと。口の先から10㎝ぐらい飲み込んだあたりで、おもしろいことに舌を出すヘビのいつもの動作をし始めた。ヘビが舌をチョロチョロするなんて忘れていたが、獲物を飲み込んでいるときに舌は出せないのだ。ここへきて、出会ってから15分ぐらい経つと思うが、やっと彼(彼女)が私を見てくれた。ここまで飲み込めば確実に腹に収まるので、ひと段落したのだろう。私のほうには体を向いてくれないが、ずっと私を見ている。その間に、彼(彼女)がいろいろと考えているのは、目を見ればわかる。私は写真を撮る動作以外のことはしない。これまた生き物にとって、食後すぐに他者からうっとうしい行為をされれば不快だからだ。しかし食べ終わった後は落ち着くので攻撃はしてこないだろう。雰囲気からも、そういう感じがしない。至近距離なので、突然攻撃されたらよけられない可能性があるので、すこしだけやが警戒はする。帰宅後の調べで知ったが、ヤマカガシは毒蛇だった。さらにマムシより強い毒をもっているという。

f:id:suzaku-umenoya:20170626215714j:plain

  このあたりにいる

f:id:suzaku-umenoya:20170626215636j:plain

  舌が見える

 

舌を出すようになってから1~2分の間、ヤマカガシと私はずっと見つめ合っていた。この世界には2人しかいないんじゃないかと錯覚しそうになったが、まさしくそれは錯覚で、モリアオガエルの鳴き声が聴こえる。2人っきりじゃない。恋の終わりは突然やってくる。意を決したようにヤマカガシは向こう側へ進んでいった。そこを写真に収め、これ以上、彼(彼女)の邪魔にはなりたくないと思ったので、私もお寺へ戻っていった…。ヤマカガシの気性はおとなしいとのこと。同じ毒ヘビでもマムシは気が荒く、私は北海道の松前より北に位置する山の中で、マムシと喧嘩になったことがある。ちなみに池の注意書きに「ヘビ注意」と書いてあるが、寺の関係者は「毒ヘビ注意」に書き直すべきだ。毒ヘビに噛まれたらよくないだろう。

f:id:suzaku-umenoya:20170626215823j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170626215853j:plain

何が起きるかわからない、これがツーリングの醍醐味である。おもしろい場面に遭遇できてすごくうれしい。かつて私は桂林という、中国の奥地の仙人が棲んでいそうな場所へ行ったときに、ヘビとカエルを食べた。ヘビの味と食感はイカで、カエルは美味しくはないが、高タンパク質やなと感じた。10年前のことやが、あのときに食べた2種類の生き物が、食べる食べられるの姿をみせてくれたのは偶然ではあるが不思議な気がする。ヤマカガシの食べる姿を見て感動させられたのは、ヤマカガシ、むちゃくちゃおいしそうにごはんを食べるのだった。素晴らしい。食について考えさせられた。バイクも千葉もお寺もカエルもヘビも素敵だなと思える出来事だった。