新型GSX-R1000Rに乗る 2017年モデル

f:id:suzaku-umenoya:20170714225649j:plain

スズキファンRIDEフェスタに行き、GSX-R1000、GSX-R1000Rに2回ずつ乗ってみた。まずはR1000とR1000Rのちがいやが、これは試乗コースで走る程度ではわからない。私が買うならR1000を買うだろう、というのはふつうの運転技術しかもっていないならR1000で十分やと思うからだ。ただし価格差以上の魅力がR1000Rにはあるので、予約段階での販売比率はR1000Rのほうが高い。

f:id:suzaku-umenoya:20170714225830j:plain

 GSX-R1000

f:id:suzaku-umenoya:20170714225855j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170714225950j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170714230205j:plain

バイクの基本動作は「走る、曲がる、止まる」である。この3つでR1000に乗って感じたことを書く。

まずはエンジン。エンジンをかけた瞬間に、素晴らしくいいサウンドがするので興奮させられる。新しいスズキ車はクラッチを握らなくてもエンジンがかかる…ということを忘れていたので最初はクラッチを握っていた。走り出すと、加速時に「バババババ~」という音がしながらスッ飛んでいくので驚いた。あの音はおもしろい。乗ってみてわかったのは、おそらく100㎞/hぐらいまでの速さは私が乗っているGSR750とあまり変わらないのではないか、ということ。ただし、R1000のエンジンの凄さを体感できるのは私が回した7000rpm以上からになる。ここから14000rpmまでがとんでもない加速をし、ものすごく愉しいのだろう。なんたって200馬力である。GSR750の106馬力でも速いのに、200馬力の加速など想像できない。そう考えると、東京のような場所でブン回すのは無理なので、東京で乗ればストレスが溜まるかもしれない。

f:id:suzaku-umenoya:20170714230248j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170714230317j:plain

R1000に乗って最も驚いたのは、ハンドリングである。最初は初めて乗るバイクなので寝かさなかったが、徐々に慣れてきたので3回目ぐらいから曲がるときに寝かしてみたら、スッとバイクが横になる。これほど素直なハンドリングのバイクに乗ったことない。R1000だから、というよりもこれがSSのハンドリングなのだろう、車体構造を曲がりやすくなるよう造っているのやと思う。これはもう、バーハンドルのGSR750とはハンドリングの次元が違うなと思った。私の知らないバイクの世界である。このスムーズなハンドリングを味わうだけでもSSに乗る価値があるなと感じた。

f:id:suzaku-umenoya:20170714225523j:plain

 GSX-R1000R

f:id:suzaku-umenoya:20170714230022j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170714230103j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170714225722j:plain

そして「止まる」は、ブレーキの効きに驚いた。ブレーキレバーを握ると強力にブレーキがかかる。なるほど、これがブレンボかと思った。たしかにGSR750のトキコのブレーキとは性能がまったく違う。

試乗コースなので、R1000の性能のほんのすこししか味わえていないが、それでもR1000の凄さをたくさん体感できた。ライバルは同時期に出たホンダのCBR1000RRになるが、おそらくR1000のほうが勝っていると思う。外観も、新型のCBRを見たことあるが、なぜか凄いぞオーラがあまり出ていない。雰囲気がおとなしいのだった。ただしCBRが確実に勝っているのは車重がR1000より10㎞ほど軽いことと、メーターがカラー液晶で、R1000は残念なことにカラーではない。1000㏄のSSでもっとも価格が安いのはR1000やが、メーターはコストカットしたのだろうか。ライバルの多くのメーターはカラー液晶なのでそこはダメやと思うが、R1000のメーターのデザイン自体はいい。個人的にはタコメーターはアナログが好みやが、R1000のそれをみると、フルデジタルもいいなと思った。

おもしろいのが、新型から逆輸入車ではなく日本で正規に売ることになった。そのメリットのひとつは、ETC車載器が標準装備されること。しかしながらデメリットは、なんと速度リミッターが付いている。ユーザーの半数以上がサーキットで走ると思われるので、その際はわざわざこれを外さねばならない。日本仕様では、速度リミッターを付ける義務があるのだろうか?

f:id:suzaku-umenoya:20170714230426j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170714230525j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170714230609j:plain

 新型CBR1000RR

 

バイク好きなら一度は1000㏄のSSに乗らねばならない…とは思うが、懸念もある。街乗りとツーリングがメインの乗り方なら、セパレートハンドルはどうなのだろうか。1時間ぐらいで疲れると言う人もいる。そして怖いのは窃盗である。盗まれない駐輪場に停めねばならないが、私の家の駐輪場はそうではない。したがって買うにはいくらかハードルを越えねばならないけれど、いつかはSSに乗ってみたい。その際は、どの車種にすべきか。私ならGSX-R1000を選ぶ。なぜなら試乗したことがあるからだ。一度も乗らずに高価なバイクを買うのは難しい。スズキが試乗会でGSX‐R1000に乗る機会を作ってくれたことに感謝する。

f:id:suzaku-umenoya:20170714230355j:plain

 

CBR1000RR SPに乗る - Toita blog

新型GSX-R1000を見に行く 『The KING is Back』 2017年モデル - Toita blog