新型カムリに乗る 2017年

f:id:suzaku-umenoya:20170801211211j:plain

新型カムリは発売前から「カッコいい」と話題になっていた。カムリはトヨタの世界戦略車で、なんと100か国以上で販売されており、メインマーケットはアメリカである。アメリカでは15年連続、乗用車の販売台数でトップの座にいて、ライバルはホンダのアコードや日産アルティマなどになる。カムリの累計販売台数は1800万台とのこと。したがって日本市場で一応は売っているものの、たくさん売ろうとは思っておらず、日本で乗るには大きいと感じるボディサイズや日本人好みではないデザインなどが原因で、忘れられたクルマになっていた。初代が発売されたのは1980年で、そのときは「セリカ カムリ」という名で、セリカをベースにするFRの4ドアのスポーツセダンだったが、2代目からFFになったとのこと。ちなみに名前の由来は「冠」で、30年以上前のモデルにはカムリのマークは冠だった。これは今でも覚えている。日本語が由来の名の車種は珍しく、歴代でも日産バサラなど数えるほどしかない。現行ではカムリだけかもしれない。蛇足ながらバイクも同様で、数少ない日本語由来の名の車種は、カワサキのNinjaやスズキの隼になる。

f:id:suzaku-umenoya:20170801212404j:plain

デザインが好評なカムリを実車でみると、たしかにカッコいい。アメリカ人好みなデザインでありながらも、日本人にも受け入れられるだろう、なかなかレベルの高いデザインやと思う。ただし価格はけっこう高い。グレードは3つあり、税込329万4000円からで、古くはなっているがFRで6気筒エンジンのマークXが約270万円から買えるので、購入を検討するならマークXと比較したいところ。私が乗ったのは最上級グレードのGレザーパッケージで、419万5800円のモデル。この金額ならクラウンが買える。エンジンは4気筒2,5Lのガソリンエンジンと電気モーターのハイブリッドモデルのみ。

ということでカムリは高級車である。インテリアの質感も高く、運転席に座ると気分よい。走り出すと、乗り味が非常に軽快だ。ハンドルも軽く、クラウンのようなどっしりとしたそれとは違う。これはアメリカ人の好みなのかもしれない。ただボディサイズは運転していて大きいと感じるので、細かい道を走る際は神経を使う。停止時にはエンジンは止まり、それは他のクルマも同じやけど、音楽を聴いていなければまったくの無音になったのですこし驚いた。今回は試していないが、カムリで高速道路を100㎞/h巡行すれば最高に楽で快適だろう。エンジン以外は高級車のレベルやと感じた。エンジン+電気モーターを合わせた最大馬力は200馬力を超えるので、アクセルを踏めば力強く加速する。パワーは十分すぎるほどあり、5人乗車でも重さを感じないだろう。ただ高級車のエンジン、ではないとは思った。エンジンやインテリアの雰囲気から、スポーティさが開発の方向性なのだろうと思う。さて、私はクルマ好きである。したがってクルマの判断基準は運転していて楽しいか否か、が最大のポイントになるが、想像した通り、カムリはおもしろくない。もちろん当初からおもしろいクルマにしようと思って開発しているわけではないので、クルマ好きが乗って運転を愉しむクルマではないわけだ。おもしろいのは、現行のクラウンは運転していてけっこう愉しかったりする。

f:id:suzaku-umenoya:20170801211727j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170801211817j:plain

デザインで気になったのは、顔は素晴らしいが、リアはジャガーに似ているなと思った。横からみると、FFやからだろう、ホイールベースがかなり長い。したがって後席のレッグスペースはセダンとしては広い。

f:id:suzaku-umenoya:20170801211923j:plain

 リアウイングはオプション

f:id:suzaku-umenoya:20170801212034j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170801212104j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170801212145j:plain

私のカムリの思い出は、高校生のときに、父が会社のクルマで6代目カムリ グラシアの、ダイハツへのOEM車であるアルティスに乗っていたこと。助手席にしか乗っていないが、ゆったりとした乗り味でよいクルマやと思った。

日本でセダンはあまり売れないのでカムリの月販目標台数は2400台とのことやが、1000台売れれば成功だろう。カムリはよいクルマやと思うが、幅が広いなど方向性がアメリカのような道を走るのに適したクルマに仕上がっているので、日本ではどうかなと思う。私なら、あるいは運転を楽しみたいと思う人なら同価格のスバル WRX S4を買うが、顧客層はまったく違うので、両車で悩む人はいない。実際に検討するなら、アコード、レガシィ B4、マークXになるだろう。

f:id:suzaku-umenoya:20170801212247j:plain