「柏献血ルーム」で献血 60回目♡

f:id:suzaku-umenoya:20170812005247j:plain

千葉の柏献血ルームには3年ほど前に行ったことがある。そのときは次に予定があったので、献血後すぐにルームを去ったため休憩する時間がなく、そのためどんなルームだったかあまり覚えていない。ということで再訪を楽しみにしていた。東京の自宅を出て、環七の内回りから水戸街道に入り、24㎞、50分でルームと提携している駐車場に着く。ルームは柏駅から歩いて2分の場所に立地するビルの5階にある。ちなみに柏のルームは以前はそごうの中にあったとのこと。そのそごうも去年の2016年に長い歴史に幕を閉じた。閉店後は、柏駅周辺の人の流れが変わったという。

f:id:suzaku-umenoya:20170812005409j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170812005454j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170812005529j:plain

ルームは森をイメージした造りとなっており、床やテーブルなど、木材を多用していて居心地が良い。自動販売機を木材で囲っているのはおもしろいと思った。コンセプトは吉祥寺のルームと同じである。私は医師の診察で質問を用意していた。以前に献血のニュースを見ると、献血を多くしてきたある人がいて、彼は献血する一週間前から断酒するという。酒を飲まない方がいいのかどうか知りたかったので質問すると、献血時の血液の状態に前日の飲酒は関係ないとのこと。関係あるなら酒を飲むのはやめようと思っていたが、そうでないならこれからも飲もう。

f:id:suzaku-umenoya:20170812005737j:plain

検査の採血をし、基準をクリアしていたので献血はできるが、看護師さんに「血小板献血でお願いします」と言われた。私は血小板と血漿献血可能日にズレがあり、今日は血小板献血の可能日に達していない。ということで今回も血漿である。本番の採血の準備ができると、多くのルームでは渡されたアラームで知らせるが、柏はアナウンスで知らせる。同じフロアにトイレがあるが、トイレでもアナウンスが聞こえるようになっていてちょっと驚いた。

f:id:suzaku-umenoya:20170812005828j:plain

採血室には看護師さんが8人ほどいて、ベッドは14台にみえたが、HPには16台と書いてある。採血が終わり、待合スペースでルームにある記事に目をやると、なかなかおもしろい。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              他国の献血事情について書いてある記事を読むと、イタリアでは「献血有給休暇」という制度があり、オランダの献血ルームは8時~22時までやっているとのこと。日本も全てのルームがする必要はないが、オープンの時間が早かったり、遅くまでしているルームがあってもよい。特にあればうれしいのは、遅くまでしていれば仕事終わりに献血できる。日本のだめなところのひとつは横並びである。献血ルームも、もっとそれぞれに個性があってよいと思った。

f:id:suzaku-umenoya:20170812005855j:plain

 駐車場まで戻ると、前輪の前に張り紙が貼ってあり、ここは車の駐車場で、バイクは別にある、今回は車の金額を頂きます、といった趣旨のことを書いてある。私は車とバイクの駐車場は同じ場所やと思っていたが、別れているのだった。車ならルームから3時間分、たしか1200円分ほどの立替をしてくれるが、バイクなら8時間200円とかなり安い。8時間もの時間があるなら、もっと早くにルームに行き、一番乗りができたと思うと残念である。もう柏献血ルームには行かないだろうなと思っていたが、この失敗を取り返すために、1年後ぐらいにまた訪れるかもしれない、と思った。

 

私の献血ルーム巡り

献血123 の検索結果 - Toita blog

千葉の献血ルーム巡り

献血千葉123 の検索結果 - Toita blog