読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深大寺に参拝する こんにゃくが美味しい 東京都調布市

お寺

f:id:suzaku-umenoya:20170222010855j:plain

西東京に行く機会はほぼないが、吉祥寺に献血に行ったついでに、有名な深大寺にも行ってみようと思った。吉祥寺駅からバイクやと20分ほどで着く。

駐輪場の横に小川が流れていて、見ると数匹のアメンボがいる。11月なのに、なぜアメンボがいるのだろう、不思議に思いながらしゃがんでずっと見ていた。しばらくして立ち上がって寺に向かっていると、前におじさんがいて、私と目が合う。何か言いたそうな感じだったのでこちらもえ?という目をしていると、「あなたは何を見ていたのですか?」と訊かれた。いや、アメンボがいたのでアメンボを見てたんです、この時期になぜいるのだろうって思って、と言いながら2人でその場所に戻り、アメンボを見た。ほんとに不思議ですねぇ、アメンボもいろんな種類がいるでしょうから、冬に生きるタイプもいるのでしょうねぇなんて話をした。

f:id:suzaku-umenoya:20170222011040j:plain

  真ん中のすこし上にいる

f:id:suzaku-umenoya:20170222011210j:plain

  大黒天と恵比寿尊

f:id:suzaku-umenoya:20170222011347j:plain

寺は木造建築なので、歴史のある寺のほとんどは火事で燃えている。よって明治時代あたりや戦後に再興したものが多いが、深大寺も例に漏れぬなかで、最も古い建物は山門とのこと。1695年の完成。

f:id:suzaku-umenoya:20170222011429j:plain

山門の先に本堂があり、左に進むと元大三師堂がある。立派な建物が2つもあるわけだ。中国僧の元大三師木像が素晴らしいなと思った。よい表情である。一番上の写真が本堂になる。

f:id:suzaku-umenoya:20170222011528j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170222011617j:plain

深大寺の規模は大きい。奥に進めば山なので散策できる。ちょうど映画か何かの撮影をしていたことからわかるように、雰囲気のよい場所だ。

f:id:suzaku-umenoya:20170222011728j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170222011814j:plain

門を出てすぐの店では団子などを売っていた。こんにゃくと団子を食べると、超美味しい。椅子もあり、そこでは温かいお茶が用意されている。

f:id:suzaku-umenoya:20170222011921j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20170222011956j:plain

さすがに有名なだけあり、深大寺はよい雰囲気で境内が広いお寺だった。しかしもっとも記憶に残ったのはアメンボで、冬も生きているなんて初めて知った。

 

私のお寺巡り

寺123 の検索結果 - Toita blog