トライアンフ・ストリートトリプルに乗る 東京都大田区

f:id:suzaku-umenoya:20161115003720j:plain

溝の口献血ルームからの帰りで、環八を内回りに走っていると、蒲田にトライアンフ(TRIUMPH)のディーラーがあった。トライアンフに興味はあったが、今までご縁がなかったので、興味津々で寄ってみる。

f:id:suzaku-umenoya:20161121005023j:plain

 トライアンフ東京大田

f:id:suzaku-umenoya:20161121005237j:plain

私にとってのトライアンフは、カワサキのW800のようなクラシックのイメージがあるが、スポーツタイプのネイキッドもあるし、タイガーという名の本格的なアドベンチャーもある。店員さんとじっくり話をさせてもらったが、トライアンフは規模は大きくないとのことで、本国の連合王国でも強いわけではないとのこと。ロンドンに行ったことがあるけど、バイク事情までは覚えていない。バイク自体、そんなに走ってなかった気がする。日本の4メーカーは最強の布陣なので、そのお膝元で売るのは非常に難しい。輸入車ではBMWドゥカティが有名やが、バイク好きでない日本人はトライアンフやKTMを知らないだろう。したがって、トライアンフは自社のバイクを1人でも多くの人に触れて感じてもらうことから始める、地道な営業をしていかねばならないので、「試乗しますか?」と言われた。バイクを買ったばかりなので遠慮して断ったが、時間が経ってまた言われた。迷惑ではないかと確認すると、「むしろぜひ乗ってもらいたい」と言われたので試乗させてもらうことにした。トライアンフに乗ってみたかったので、すごくうれしい。

f:id:suzaku-umenoya:20161121005408j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20161121005456j:plain

試乗車はストリートトリプルである。デザインの特徴は「目」だろう。私はトライアンフ独特の、このタイプの目が好きではなかったのやが、実車を見ると、悪くない。やっぱり好みではないけれど、悪くはない、と知れたのはよかった。エンジンは3気筒675㏄である。現在、日本車で3気筒のエンジンはヤマハの1種類しかないので存在自体がユニークだ。乗ってみるとイメージ通り、2気筒と4気筒の間といった感じ。2気筒ほど粗くはないが、4気筒の重厚さはもっていない。4気筒と比べると、いいも悪いも「軽い」印象を抱いた。

f:id:suzaku-umenoya:20170210003151j:plain

f:id:suzaku-umenoya:20161121005814j:plain

 タコメーターがアナログなのは素晴らしい

 

走ってみると、ストリートトリプルのサイズ、車体重量、パワーを総合的に判断すれば、都内のような交通状況で走るには最もよいだろうなと思った。これ以上大きいと、持て余してストレスを感じる場面が多々あるし、ヨンヒャクやとパワーが足りない。750㏄前後が一番よいのだろう。ただし高回転型のエンジンなので、下のトルクは薄い。都内で走るにはそこだけ難点がある。ツーリングでは高回転までバンバン回してむちゃくちゃ愉しめるだろう。

1車種しか乗っていないので断定はできないが、トライアンフに抱いた印象は、『何かしらの強い個性がほしいな』である。日本の4メーカーをみると、ラインナップは完備されている。金額も高価からそこそこ安いものまで揃っている。したがって大半のユーザーにとっては、日本車で事足りるわけだ。そのうえで海外メーカーがバイクを日本人に買ってもらうには、BMWやドュカティが持っているような強い魅力がないと難しい。

ストリートトリプルで考えると、金額は90〜100万円ほどなので、それよりずっと安く、2気筒ではあるが700㏄のヤマハ・MT‐07が買えるし、MT-09やスズキ・GSR750とはほぼ同額だ。MT-09は忘れてしまったが、GSRのエンジンと比べ、どちらがより個性があるかといえば、GSRである。

おそらく、ストリートトリプル以外のモデルはもっと個性があるのやと思う。そうであってほしいし、そうでないと会社が潰れているだろう。ただし2回ぐらい、経営難で親会社が変わったりしたらしい。それについて詳しくないが、日本車が世界を席巻した80年代に、競争に敗れたのだろう。トライアンフ車に5台ぐらい乗れば『個性』を知ることができるので、その機会がいずれやってきたらうれしい。トライアンフ独特の味を知り、それを体感してみたいと強く思う。

ふだんはあまり見かけないけど、帰途の環八でトライアンフ車とすれ違った。見た目での判断だけやが、アドベンチャーのタイガーは、走りがとても楽しそうなバイクだろうなと感じた。