読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなカラーのGSR750

買うバイクの車種を決めたら、次はカラーを決めなければならない。私の場合は既に決まっていたが、一応、実車で違うカラーも確認しておきたかったので、見にいった。 まずは白色である。白のよいところは、シンプルであること。そして清潔感がある。よくない…

スズキワールドでお買い得なV‐Strom1000をみる

スズキワールドでバイクの整備をしてもらっている間、暇なので店頭のバイクをみると、V‐Strom1000(ストローム 以下、V、V1000)に興味を持つ。 ジャンルはアドベンチャーで、私も短い距離なら乗ったことあるが、このバイクがもっとも真価を発揮するのはツー…

GSR750の初回点検

GSR750の走行距離が1000㎞を超えたので、初回点検とオイル、オイルフィルター交換のためにスズキワールド葛飾へ行ってきた。 本来ならオイル交換ぐらいは自分ですべきやが、購入時に、スズキのオイルメンバーに加入した。良質のオイルを安く提供しているので…

新型CB1100に乗る RSは超カッコいい 2017年

CB1100のコンセプトは「昔のバイク」で、30年以上前の、日本でバイク人気があった頃のデザインを踏襲している。おもしろいことに新型はそのキャラクターをさらに強めてきた。タイプがノーマルとEXとRSの3タイプもあるが、そのうちのEXとRSはタンクにウイング…

創業60周年記念カラーのVMAX

現行のVMAXは220万円ほどする。同じ金額ならR1買うでしょと思うし、高額なので、海外での事情は知らないが日本では売れていない。一度、YSPで見たことはあるが、走ってる姿を見たことはなかった。今回、駐輪場から40mほど離れた場所にいたら、非常によいエン…

私が乗っていた、カワサキ 250TR

250TRに乗った期間は2年と7ヶ月ほどである。TRとの別れは寂しかった。なんといっても、一度もコケず、一度も事故をしなかったのは最もよいことだ。しかしトラブルはあった。 東北ツーリングの初日に、東北道を380㎞走って山形北ICで降り、トイレから戻って…

トライアンフ・ストリートトリプルに乗る 

環八を内回りに走っていると、蒲田にトライアンフ(TRIUMPH)のディーラーがあった。トライアンフに興味はあったが、今までご縁がなかったので、興味津々で寄ってみる。 トライアンフ東京大田 私にとってのトライアンフはカワサキのW800のようなクラシックの…

バイクでの交通事故の顛末

山梨までツーリングをした帰り道の府中の甲州街道で、信号が赤に変わったのでニュートラルにして停まった。元々交通量が多いのに、2車線の道が1車線、道路工事で通れなくなっていた。よって渋滞していたのやが、私は先頭より前にはみ出して停まっていて、…

SV650に乗る V型エンジンは個性あってMT‐07よりおもしろい

最近のバイクの価格は、高くなりすぎていると思う。もちろんコストをかけてつくってある、高価な車種があるのはいい。しかしながら現状では、400㏄以上のバイクのほぼすべては70万円を超えている。気軽に買える金額ではないだろう。部品コストを下げれるとこ…

ヤマハ発動機創業60周年記念カラーのSR400

ヤマハが創立60周年記念モデルを出していて、カラーは黄色である。XSRなどカッコいいので、どこかで見かけれたらうれしいなと思ってたのやけど、先日のハーレーのイベントで、私のバイクの隣に記念車のSRが停まっていた。 すごい、オーナーは粋な買い物した…

CRF1000L アフリカツインは個性の塊で素晴らしい

バイクの世界シェアは、日本メーカーで44%を占める(らしい)が、それは本当に凄いことだ。なのに日本ではバイクに興味ない人の方が多い。騒音規制や都市部での駐車場不足など、国も足を引っ張ってる状況だ。これらは絶対におかしい。 といったふざけた環境な…

仲良しR25とR3

先日、駐輪場の横を通ると、同じバイクが停まってたのでおもしろかった。しかしよくみるともっとおもしろく、YZF‐R25とR3だった。これはエンジンだけ排気量を変えてて、それ以外は同じ。250ccやと車検がいらない点がメリットで、320㏄やと車検があるがよりパ…

CBR400Rに乗る 2016年モデル

寒い時期が過ぎ去り、バイクの季節がやってきた。天気いいから千葉へツーリングにゆく。蘇我を走ってると、ホンダドリームがあった。去年の秋に、東京モーターショーでお披露目していた北米仕様のCBR500Rを400㏄にして日本で発売してたのやが、まだ見にいっ…