GSR750がやってきた 私はスズキに首ったけ♡

f:id:suzaku-umenoya:20170101214424j:plain

 GSR750の納車日までに、GSR250に乗り、その素晴らしい乗り味を存分に愉しみたかったのやけど、残念なことに忙しくて乗れなかった。したがってスズキワールド葛飾までの6㎞の道のりが最後のドライブとなったので、真剣に走る。一度だけでもエンジンをレッドゾーンまで回したかったけれど、交通量が多いため叶わず。すこし遅刻しているので、回り道はできない。最後にぶん回せなかったのは心残りだ。短い距離やったが、走りながらほんとうにいいバイクだなと改めて思った。GSR250、大好きです。他の人は、新しいバイクが来る歓びのほうが大きいだろうが、私はGSR250との別れの悲しみのほうが大きい。なぜなら二度と乗る機会がないかもしれないから…。

そんなことを考えつつ、15分ほどで店に着く。店に入ると通路のまっすぐ前に私の新しいバイクがドーンと用意してある。超カッコいい!ということで前言撤回だ、やっぱ新しいバイクに乗る歓びのほうが勝りますね。

f:id:suzaku-umenoya:20170101214601j:plain

本日の交渉相手は契約した日の店長ではなく、私と仲のよい、若い営業マンのAさんである。まずは契約時に紹介されて、加入の結論を保留していたオイル交換サービスについて話し合う。30Lのオイルを15000円で買い、交換工賃は500円、オイルフィルターのそれは900円、といったもの。オイルの質は良いと説明された。Aさんは愛車でサーキットを走るのが趣味なので、当然オイルの知識はあるから質のよさは事実みたいだ。そしてGSR750のようなスポーツエンジンは良いオイルを使わないといけないので、もともと加入する気はあったが、納得できないのはフィルター交換工賃の900円である。これはとりすぎだ。よってこれだけ引っかかる。

前回の店長との契約交渉時に、時間の余裕がなかったせいで契約書をきちんと見ていなく、それ以前にAさんと話した際に、これはサービスしますよと言われた内容の請求額5000円が契約に入っていたので、今回の交渉で削らなければならない。ただし、既にハンコ押して契約は終わっているので、変更できませんと言われれば、できない。経緯を説明し、外してくれませんかとお願いすると、「いいですよ。ただし、オイルサービスに加入してもらえるなら」。

優しそうな顔をして、実際に優しい人なのやが、さすが営業マンやなと感心した。どうやらこのオイルはノルマがあるみたいだ。納車日の報告電話でも訊かれたので、スズキがこのオイルをとんでもなく大量に仕入れたのだろう。ただ、Aさんも言うとおり、このオイルの質でこの価格は安いので客にとってもよいことだ。安いが、前述のとおり、フィルター工賃が900円で高いのが許せん。こんなもん、工具さえあれば1分でできる作業だ。バイク屋は、バイクが全然売れないので、整備、工賃で稼がないといけないのだった。

納得できないが、5000円を人質にとられ、脅されているので、加入させていただく。GSR250はオイル交換時期が6000㎞、もしくは1年で、最近のバイクは交換のタイミングが伸びてるのだなーと感心していたのやが、GSR750は昔のバイクと同じ3000㎞、または6か月。「こういったバイクのエンジンは精密に作られているので、オイル交換時期は必ず守ってください」とのこと。

f:id:suzaku-umenoya:20170506223907j:plain

次は盗難保険である。これは購入時にしか加入できない。しかし盗難保険は入るべきかどうか、すごく悩んだ。盗まれる可能性はたしかに低い。しかし絶対に盗まれないとはいえない。実際、高級車の愛車が盗難被害に遭う人はたくさんいる。残念なことに、GSR750クラスになると、窃盗団のターゲットに入る。GSR250をプロは盗まないので、そういう心配はしなくてよかったし、実際、カバーはしていたが、交通量はそれほど多くはない道路沿いに、安いチェーンロックしかせずに停めていた。う~む、難しい…。たとえば大丈夫だの根拠は、近所にカバーもチェーンもせず道沿いにヤマハのボルトが停まっていて、このバイクは90万円以上するが、盗まれてない。だったら私も大丈夫かなと思うが、Aさんは、ボルトは下取り額が低いので、積極的には盗まれないかも、と言う。たしかにボルトは不人気車種だ。

盗まれるかも、の根拠は、窃盗数は東京が最も多い。そして仮に窃盗団に目を付けられれば、頑丈なチェーンをしていても、盗まれる。この保険はスズキが外部の企業に委託してある、したがって営業マンのノルマにまったく関係ないので、彼は意見を言わない。ということで自分で判断せねばならないが、ずっと悩んだ後に振り返ってピッカピカのGSR750を見ると、盗まれるような気がした。この想像が決め手となり、盗難保険にも加入した。こういう感じで、大型バイクに乗り換えると維持費がだいぶ変わってくる。まあそれでもクルマに比べれば安いが。

f:id:suzaku-umenoya:20170101214821j:plain

グッドライダーという、おそらく警察がやっている1000円で加入する無意味な防犯登録があるが、私は強制加入やと思っていて、契約交渉時に質問しなかったのやが、この場で聞いてみると、強制ではないと言う。ほとんどの人は加入するが、たまに拒否する人もいるとのこと。失敗した!世の中に不必要な警察の天下り団体に金を払ったのは悔しい!強制ではなかったのか。こんなのに入って、盗まれた大型バイクが還ってくるはずがない。契約交渉では、次に予定が入っていて、時間の制約があった。だからさっきの5000円とこれのチョンボが発生した。

契約時に、グッドライダーのシールは絶対に貼らないでくださいと言った。こんなダサいシールなど貼れるわけない。そもそもこの名前もおかしい、加入するように誘導してるじゃないか。いらないと言うと、「店のシールも…貼らない方がいいですか?」と聞かれた。なるほど見たことある、チェーンカバーあたりにスズキワールド〇〇と貼ってあるのを。貼ったらカッコ悪いというわけではないのでちょっと考えたけど、シール自体が嫌いなので、これも断った。店としては貼りたいのですか?と聞くと、苦笑しながら「貼りたいです」と言われた。たしかに走る広告になる。

f:id:suzaku-umenoya:20170320024059j:plain

  GSX-R1000と光栄なツーショット

 

こういう流れで、総支払額が変わったので、新しく書類を作り、お金を払う。そしてAさんにバイクの説明を受ける。最後に、GSR250と写真を撮ってもらい、GSR750とも撮ってもらう。大学1回生のときの、CB400SFの納車時に、店員に写真撮ってくださいと言うと、みなさん、バイクを手放すときには写真を撮るが、納車時に撮る人は珍しいと言われたが、実際どうなんだろ。大型バイクを所有するのは初めてである。楽しみやが、GSR250のような乗りやすいバイクから換わると、非常に乗りにくいなぁと感じた。それは試乗したときからわかっていて、250クラスのように気軽に乗れるものではないのだ。乗りこなせるのはいつになる?

f:id:suzaku-umenoya:20170101214920j:plain

 

GSR750日記

GSR123 の検索結果 - Toita blog

GSX-S750を見に行く 私のバイクの新型モデル - Toita blog